実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち

タグ: , , , 2021/8/9

 東京五輪が8日に幕を閉じた。24日からは東京パラリンピックが始まり、半年後の来年2月には北京冬季五輪が待っている。

パラリンピックで4個の金メダルを持つアレックス・ザナルディ。2020年のハンドサイクルレース中の事故で生死をさまよい、東京大会は断念(BMW提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 スポーツ史をひもとくと五輪・パラリンピックに出場した元F1ドライバーは意外に多い。

 アジア人初のF1ドライバーとして1950年代に活躍したプリンス・ビラ(タイ)はセーリングで夏季五輪に4度出場。1964年の東京五輪でもドラゴン級混合で22位を記録した。

 1953~55年にマセラティなどでF1に参戦し、最高位が4位だったロベルト・ミエレス(アルゼンチン)も60年のローマ五輪にセーリングで出場した。夏季では62年のF1オランダGPにスポット参戦したベンジャミン・ポン(オランダ)が72年のミュンヘン五輪で射撃のスキート種目にエントリーし、31位だった。

 冬季ではボブスレーで過去に3選手が出場している。1956年のイギリスGPでフェラーリの一員として2位表彰台を獲得したアルフォンソ・デポルターゴ(スペイン)が同年のコルティナダンペッツォ五輪(イタリア)にスペイン初のボブスレーチームを結成して出場。男子2人乗りで4位に食い込んだ。





 その後はロビン・ウィドウズ(英国)がインスブルック(オーストリア)、グルノーブル(フランス)の2大会にボブ・セイド(米国)がグルノーブル、札幌の2大会にいずれも男子4人乗りで出場した。ただし、2人ともF1出場は1戦のみだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧