大谷カメラ導入に地元ファンが賛否両論のなぜ?

タグ: , , 2021/8/9

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地で行われたドジャース戦に代打出場。2―8で迎えた8回2死二、三塁で代打出場すると左腕ブルールに四球を選び、そのまま右翼の守備についた。

・今すぐ読みたい→
大谷メジャー自己最多の6勝目! 指揮官も認めた「修正能力」の高さとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-high-correction-ability/



 ここ最近はお疲れモードでマドン監督も「休養が必要だ」と認めていた大谷は、敵地で行われたドジャース3連戦ではDH制がないインターリーグ(交流戦)とあって、3試合とも代打待機となった。7月28日(同29日)のロッキーズ戦の試合中にファウルボールを右手親指に受けて以降の11試合で29打数4安打1打点。ノーアーチはこの日で今季最長の11試合に伸びた。同日に35号を打った2位のゲレ―ロジュニア(ブルージェイズ)には2本差に迫られている。

 一方、この日注目を集めたのは、地元テレビ局「Bally Sports West」が初めて「大谷カメラ」を導入したこと。

 この日8回表の代打出場後、大谷は8回裏からライトの守備についたが、その様子を画面右下にワイプで放送。日本ではNHKーBSがベンチ内での大谷の様子を伝えることが「大谷カメラ」などとして日本ファンに大好評で、ついに現地でも導入された格好だ。

 同局が公式ツイッターでもこの場面の映像を投稿すると、ファンからは「最高!」「ありがとう!」「これからもずっと放送して!」と好意的な意見が多かった。





 過熱する本塁打王争いには地元ファンだけでなく、全米のメジャーファンも大注目。チームがポストシーズン進出がほぼ、絶望的とあって「エンゼルスファンの希望は大谷のホームランキングだけだ!」と、大谷への期待はこれまで以上に大きくなっている。「大谷カメラ」はそのような声に応えてのものとして考えられる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧