ファンを楽しませるためのバーチャルレースでトップレーシングドライバーが人種差別発言をして解雇に!

タグ: , , 2020/4/19

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、レーシングドライバーによる人種差別発言騒動を巻き起こす事態となった。

人種差別発言をしたカイル・ラーソン(鶴田真也撮影)

ファンを楽しませるためのバーチャルレースで・・・


 米ストッカーシリーズ、NASCARのトップカテゴリーに参戦する日系米国人のカイル・ラーソン(27)がバーチャルレースに参加中にアフリカ系住民を侮蔑する言葉を発したとして、NASCAR側から無期限出停止処分を科され、所属する名門チーム・チップガナシレーシングからも解雇されてしまった。

 ラーソンは12日、バーチャルレースのライブ配信でマイクチェックをした際に「僕の声が聞こえるかい?」と言い、続けざまにアフリカ系住民を意味する人種差別用語も発した。14日に自身のツイッターに「とにかく申し訳ないと言いたい。決して言ってはならない言葉を使ってしまった」と謝罪する動画を公開したが、時すでに遅しだった。

 NASCARから出場停止処分を受け、所属先から解雇された。さらに大口スポンサーとなっていた自動車ブランドのシボレー、ファストフード大手マクドナルドなどから契約解除を通告された。

 バーチャルレースはNASCARが新型コロナウイルスの感染拡大でシリーズが第4戦を最後に中断したことから、ファンを楽しませるために企画された。レースはライブ配信サービスを通じてインターネットで生中継され、出場しているドライバーの音声も公開されていた。





・今すぐ読みたい→
今季のF1初戦が開始時刻のわずか2時間前に中止に。直前の決断となった重大な理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/canceled-immediately-before-the-tournament/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧