開催中止・延期のF1 eスポーツ「バーチャルGP」が開催され現役F1ドライバーが優勝!

タグ: , , , 2020/4/13

 新型コロナウイルス感染拡大で世界中のモータースポーツ競技が中止もしくは延期を決断。F1は6月に予定していた第8戦カナダGPが延期となり、開幕から計8戦の開催スケジュールが吹き飛んでしまった。

そんな緊急事態にレーシングドライバーたちが活路を見いだしたのがeスポーツの世界だ。F1も公式バーチャルGPを開催。F1公式ビデオゲーム「F1 2019」を使って、ここまでバーレーンGP、オーストラリアGPがバーチャルの世界で実施された。

バーチャルGPの画面。バーチャルの第2戦オーストラリアGPでフェラーリのルクレールが優勝(F1公式ツイッターから)

現役F1ドライバーも参加


 3月22日に開催された「バーチャル・バーレーンGP」ではマクラーレンのランド・ノリスやウィリアムズのニコラス・ラティフィら現役F1ドライバーも参加。4月5日の「バーチャル・オーストラリアGP」ではフェラーリのシャルル・ルクレールが初参加し、いきなり優勝を飾った。

 「バーチャルGP」以外にもレース系のeスポーツは続々と企画され、4月に入ってからはルクレールら現役F1ドライバー6人がチャリティー選手権の「Race for the World」を立ち上げた。目標額10万ドル(約1080万円)を募って世界保健機関(WHO)の「COVID-19(新型コロナウイルス)連帯対応基金」に寄付する計画だ。

 モータースポーツの世界ではレーシングシミュレーター(疑似運転体験装置)技術が発達し、F1チームでも、レギュラーを目指す若手選手をシミュレーター担当の開発ドライバーとして起用。シーズン中は開発予定パーツを仮想現実の世界で試し、実戦に投入している。かつては実際のサーキットを使って開発テストを年中行ってきたが、開発コストの高騰や排ガスなど環境問題にも配慮して回数が大幅に制限された。その結果、シミュレーターに依存するようになった。





・今すぐ読みたい→
今季のF1初戦が開始時刻のわずか2時間前に中止に。直前の決断となった重大な理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/canceled-immediately-before-the-tournament/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧