原巨人 ワースト7連敗! キャプテン坂本に「休養」を勧める声も

タグ: , , 2021/10/13

 巨人は12日の阪神戦(東京ドーム)にも1―2と敗れ、今季ワースト、4年ぶりの7連敗を喫した。この日の敗戦で正式に今季の優勝可能性が消滅。リーグ3連覇の夢は途絶えた。

 リーグ3連覇が完全消滅したことに原監督は「そこは受け止めるしかないでしょうね」と声を絞り出した。2位の阪神との対戦。つながりを欠く打線対策のために中田の再々昇格など手は打ったが、7安打ながら1得点と好機に1本が出ない。2017年に記録した球団史上最長の13連敗を喫して以来4年ぶりの屈辱となった。

・今すぐ読みたい→
巨人OBのデーブ大久保氏 エース菅野に求めるのは「良いピッチング」ではなく・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hiromotoohkubo-talks-about-giants/


●10/14(木)の巨人vs阪神の伝統の一戦を中心に、その日のプロ野球の全カードをデーブ大久保さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!



 9月以降の戦いは8勝21敗6分けと大失速。最大15あった貯金はこの日の敗戦で1まで減った。4位広島は現在6連勝中で5ゲーム差に迫るなど、まさかのAクラス入りも危うい状況になってきた。ただV逸が決定的となったことで、今後のCSを見据えてキャプテン・坂本の休養を勧める声が上がり始めた。

 「最近の坂本を見ていると心身ともに疲弊している状況が伝わってくる。キャプテンとしての責任感もあって、ベンチでも声を出したり、懸命に盛り上げているが、こうなれば、CSを見据えて上手に休ませていく方法がいいのではないか」(球界関係者)。

 象徴的なシーンは12日の試合中にもあった。1点を追う7回裏二死一、二塁の好機の場面、打席が回ってきた坂本は適時打がなんとしても欲しかったが、フルカウントまで粘りながら最後は青柳のツーシームに遊ゴロに倒れて得点ならなかった。





 その直後の8回での守備機会だ。先頭打者・糸原の痛烈な打球を坂本は逆シングルでさばこうとしたが、グラブに当てて処理することができなかった。

 記録は内野安打となったが、名手・坂本の守備力なら、処理できるレベルだっただけに、はじいた直後は思わず天をあおぎ、グラブを叩きながら、何ともやるせない表情を浮かべる場面もあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧