26年間続いたマリナーズと日本人の関係、途切れた途端にチームは躍進?

タグ: , , 2022/5/1


 マリナーズが開幕から好調だ。29日(日本時間30日)まで3連敗を喫したが、それでも20試合を終えて11勝9敗の貯金2でア・リーグ西地区2位タイ。地元ファンは2001年以来、21年ぶりとなるポストシーズン進出がいよいよ見られるかも、と沸き立っている。

【関連記事】巨人・菅野はこのまま終わってしまうのか 指揮官が感じていた「異変」とは

 昨年は161試合目を終えた時点ではワイルドカードゲーム進出の可能性を残していた。最終的に90勝72敗の地区2位ながら、東地区2位のレッドソックスとヤンキースに2勝及ばず、悲願のポストシーズン進出を逃した。20年連続でまた「10月の野球」に進めず。これは継続中の記録ではメジャー全30球団の中で最も長い。どこよりも「10月」が遠い負の歴史が紡がれ続けている。

 地元は悲願の時へ盛り上がっているのだが、日本のファンとしては複雑な思いが湧いてくるのかもしれない。日本から最も近いMLBフランチャイズチームであり、かつては任天堂がオーナーでもあった。そんな縁もあり、長く日本人メジャーリーガーが在籍し続けたチームだったのだが、その記録が今季から途絶えているのである。

 マリナーズと日本人メジャーリーガーの歴史の扉を最初に開いたのはマック鈴木。1996年7月に日本人3人目のメジャーリーガーとしてデビューした。1999年途中にロイヤルズに移籍するまで、4シーズンの間に23試合に投げた。





 続いたのが大魔神こと佐々木主浩だった。横浜からFA権を行使して2000年に入団。メジャー新人記録の37セーブを挙げ、新人王に輝いた。翌2001年には後にチームの顔とも言える存在となったイチローが加入。こちらは新人王どころか1年目からシーズンMVPに輝く大活躍をみせた。長谷川滋利もエンゼルスから加入した。

 このシーズンがマリナーズがポストシーズンに進んだ最後の年となる。シーズン116勝という圧倒的な強さをみせたチームはア・リーグ優勝決定シリーズで当時常勝軍団と呼ばれていたヤンキースと激突。1勝4敗で敗退した。まだ一度もワールドシリーズ出場経験がないチームにとって、最も世界一の座に近づいた瞬間でもあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧