距離が合ってない!オリンピアン三浦が箱根2区で失速・・・日本人留学生?「レンタザワ」区間賞トレンド入り

タグ: 2022/1/2


 1月2日に始まった第98回箱根駅伝。各校エースが集った「花の2区(23.4キロ)」では、明暗が分かれた。駒大の田澤廉(3年)が歴代4位の1時間6分13秒という好記録で区間賞を獲得。東京五輪3000メートル障害7位入賞の順大・三浦龍司(2年)は1時間7分44秒で区間11位と不発に終わった。

・今すぐ読みたい→
箱根へ届け「大志田監督、藤原監督、優勝しました!」駅伝ファン歓喜 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/new-year-ekiden-winning-team-message/

2区の主な順位


1.田沢廉(駒大3年)
1時間6分13秒
(2位→1位)1人抜き

2.ライモイ・ヴィンセント(国士舘大4年)
1時間6分41秒
(11位→3位)8人抜き

2.ムルワ(創価大3年)
1時間6分41秒
(16位→6位)10人抜き

4.オニエゴ(山梨学院大4年)
1時間6分49秒
(15位→7位)8人抜き

5.イエゴン・ヴィンセント(東京国際大3年)
1時間7分2秒
(8位→4位)4人抜き

5.松山和希(東洋大2年)
1時間7分2秒
(13位→8位)5人抜き





7.近藤幸太郎(青学大3年)
1時間7分9秒
(5位→2位)3人抜き

9.鎌田航生(法大4年)
1時間7分11秒
(10位→9位)1人抜き

11.三浦龍司(順大2年)
1時間7分44秒
(19位→18位)1人抜き

14.中谷雄飛(早大4年)
1時間8分45秒
(17位→14位)3人抜き

 21年12月に1万メートルで日本人学生最高記録を叩き出した田澤は2位でたすきを受け、区間賞の走りで首位へ押し上げる会心のレースだった。例年、2区といえば外国出身の留学生が力を見せつける区間。区間記録を持つ東京国際大ヴィンセントらをおさえ、日本人離れした田澤の走りに、日本人留学生?にたとえた「レンタザワ」がTwitterでトレンド入りした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧