10カ月の闘病生活を経て退院した競泳・池江璃花子「一番しんどい時は、死にたいって思いました。」

タグ: , , , 2020/2/20

 競泳女子の池江璃花子(19)が19日、テレビ朝日系「報道ステーション」に録画で出演した。昨年2月に白血病を公表してから、公の場で語るのは初めて。元テニスプレーヤー・松岡修造キャスターのインタビューに答える形で、「死にたいと思った」闘病中のこと、五輪のプレッシャー、目標を持つ大切さ、病気の人へのメッセージなどを語った。

「一番しんどい時は、死にたいって思いました。」


 白血病発覚から1年。抗がん剤治療を始め、昨年9月に造血幹細胞移植を受けた。現在は退院し、日常生活が送れるまでに回復している。テレビ画面に登場した池江は、以前よりほっそりとした姿で、時折涙を流しながら赤裸々な思いを明かした。

 「本当に一番しんどい時は、死にたいって思いました。こんなに苦しい思いをするんだったら死んだ方がマシって」。

 闘病中の心境を「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどい」とツイッターでつづったことがあったが、「携帯なんて絶対触れない、もうテレビも見られない、音も聞きたくない、ご飯も食べないという状況が2週間続いて。寝返り打つのもしんどい状況だったので、もう数千倍どころじゃない。すごい吐き気がひどい時に、ずっとトイレに閉じこもってて、すごいしんどくて。人が感じる苦しいとはレベルが違う苦しさなんだろうなっていうのは思いました。人によって苦しさの度合いって違うと思うんですけど、こんな経験、二度としないだろうっていう経験はしたと思います」と副作用の苦しみを包み隠さず話した。

 「死にたい」と絶望した後について、「でも、その言葉を、今だったり、後々考えた時にすごく反省しました。1回目の一時退院の時、すっごい幸せだったんですよ。車に乗ったり、外食したり、すべてが幸せ。こんなに楽しいことが待ってたのにっていう気持ちになって。絶対こんなこと思っちゃダメなんだなって思いました」。

・今すぐ読みたい→
ガンバレ、池江!白血病と闘って来た当事者たちの言葉…(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yell-for-rikakoikee/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧