ロッテの佐々木朗希投手が今季初マウンドで日本球界歴代4位の球速164kmをマーク!! 日本最速記録を塗り替えられるか

タグ: , , 2022/3/29

キャッチボールするロッテの佐々木朗希投手

 ロッテで高卒3年目のシーズンを迎えた佐々木朗希投手(20)が27日に敵地での楽天戦で今季初の先発マウンドに立ち、1回2死で浅村栄斗に投げたストレートが自己最速を塗り替える時速164キロを刻んだ。

・今すぐ読みたい→
「令和の怪物」ことロッテの佐々木朗希が開幕投手に選ばれなかったことを裏読みする https://cocokara-next.com/athlete_celeb/roukisasaki-opening-pitcher/


 1軍デビューを飾った昨季の最速はクライマックスシリーズで記録した159キロだったが、今年は開幕前の練習試合、オープン戦で163キロを計測。岩手・大船渡高時代に出した自己最速に並んでいた。

 NPBでは昨年8月13日にビエイラ(巨人)が中日戦で記録した166キロが最速記録。次いで大谷翔平(当時日本ハム)とコルニエル(広島)が165キロを投げており、今回の164キロは日本球界では史上4番目の速さにあたり、あと1キロで大谷の持つパ・リーグ記録に並ぶことになる。ちなみに大リーグでは2010年に当時パドレスのチャップマンが記録した105.1マイル(約169.1キロ)が最速とされている。

 大谷が165キロを出したのはプロ4年目。22歳の時だった。その前年、つまり佐々木朗希と同じ3年目の最速は162キロ。今後の伸びしろを踏まえると、佐々木朗希は日本最速記録を塗り替える可能性は十分にありそうだ。

 ただし、本人は球速に対する思い入れは周囲が考えるよりもないという。これは昨年までロッテで投手コーチを務め、今季から同球団でピッチングコーディネーターとなった吉井理人氏から薫陶を受けていた影響が強いという。





 吉井氏は「球速を競う競技ではない。球速はだんだん上がってくるかもしれないが、そこを目標としていない。投手はでバッターをやっつけることが目標」と兼ねて発言しており、変化球の強度やバリエーション、全体の制球を向上させることも重要と考えている。

 実際にオープン戦最後の登板となった巨人戦では主砲・岡本和真に低めへの159キロを捉えられ、中越えに満塁本塁打を浴びている。速球一辺倒ではプロ野球の打者は簡単に対応しまうことを肌身で感じたに違いない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧