ファンや評論家も巻き込み賛否両論渦巻くビッグボス采配 3連敗も実は目論み通り?!真価は3・29に明らかに

タグ: , , 2022/3/28

 ある意味、有言実行の開幕3連戦だったのかもしれない。新庄剛志監督が就任して注目を集めた日本ハムは、敵地でソフトバンク相手に同一カード3連敗を喫した。ただし、ビッグボスこと新庄監督はこの最悪のスタートをまるで予見していたかのような言葉を口にしていた。

・今すぐ読みたい→
奇策で開幕3連敗の新庄采配に 球界重鎮の声は批判より心配? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsuyoshishinjo-dissonance-03/

 開幕直前の22日、都内のイベント会見でのことだった。「プロ野球の開幕は3日後の福岡じゃないんですよ。札幌ドーム(29日、西武を迎える本拠地開幕戦)だと思っている。だから(開幕カードの)3連戦は遊びます。真剣勝負は札幌から」と言い放ったみせた。この「遊びます」発言は相手チームへの挑発のようにも映り、物議を醸すこととなった。

 果たして、開幕投手へドラフト8位の新人・北山亘基を起用したことに始まり、ビッグボス采配はまるで「遊んでいる」かのように奇想天外なものだった。2番手以降は加藤、根本、伊藤と開幕ローテーション入りしておかしくない先発投手を送り、5番手には翌日の予告先発として発表されていた堀を投入。打線はオープン戦チーム2冠王の万波中正にベンチを温めさせ、4番にはプロ10年間で通算7本塁打の松本剛を置いた。

 2戦目は初戦欠場の清宮幸太郎を4番に抜てき。するとこの清宮や、同じく初スタメン出場させた新助っ人のアルカンタラが本塁打と、一瞬采配が的中したかにみえた。だが、やはりローテーション投手の一角とみられる河野竜正を中継ぎで起用して失点を重ねるなど、ちぐはぐさも解消されず。3戦目は満を持して初スタメンの万波が一時同点の2ランを放つなど、中盤に一度は逆転に成功したが、最後は救援陣が力尽きた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧