開幕2連勝でも巨人・原監督をいらだたせる「あの青写真のほころび」とは

タグ: , , 2022/3/27

 巨人は26日の中日戦(東京ドーム)に7ー5の逆転勝ち。8回のビッグイニングで開幕から2連勝を飾った。

・今すぐ読みたい→
矢野阪神 2試合で16失点!悲惨な「投壊ぶり」に指摘される「見通しの甘さ」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-anxiety-point-02/


 先発はこれがプロ初先発となった山崎伊。緩急を使った落ち着いた投げっぷりで中日打線を手玉に取る。打っても二回二死満塁の好機に投手急襲の適時内野安打で初安打初打点を記録。もったいなかったのは5回二死一塁で迎えた投手・勝野に逆転2ランを浴びたこと。「やり返された」ことで記念すべきプロ初勝利の権利は逃げていった。ただ被弾後も気持ちを立て直し、安定の投球で6回4安打3失点で降板、プロ初先発としては「及第点」となった。

 一方、ビッグイニングとなったのは3点を追う8回だ。

 無死一、二塁から中田が左中間適時二塁打を放ち、1点を返すと、丸の内野ゴロと代打・中島の左前適時打で同点とした。なおも二死二塁から若林の決勝の中越え二塁打で、試合を決めた。ベテラン・中田の一打から、若林まで正に一体となって価値ある勝利をもぎとった。原監督は「ああいうビッグイニングは、全員の力が結集しないと出ない。非常に良かったと思います」と野手陣を称えた。





 打線が底力を見せた一方、不安を残したのは救援陣だ。2―3の8回から登板した高橋は先頭の大島にいきなり四球を与えると続く岡林に送られ、阿部を右飛で二死とする。しかし、4番・ビシエドに1球もストライクが入らず四球を与えるなど、2死満塁のピンチを招き降板。代わってマウンドに立った畠も連続押し出し四球を与え、この回ノーヒットで2点を献上したのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧