【7人制ラグビー】初戦惜敗の日本。前回銀・英国との次戦は「準備してきたことを100%発揮すれば勝機見える」

タグ: , , , , 2021/7/26

 東京五輪7人制ラグビー予選ラウンドが行われ、日本は前回王者の強豪・フィジーと対戦。24-19で惜しくも敗れ、黒星発進となった。

・今すぐ読みたい→
【7人制ラグビー】「人生最大の挫折」を経て五輪代表入りの藤田慶和「やっとスタートラインに立てた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshikazufujita-participation-tokyo-olympics/



戦前、フィジーの印象について問われた藤田慶和は、

「自分たちのペースでラグビーを進めるということがフィジー戦に関しては1番大事になってくると思う。相手は身体能力も高いですし、スキルも高いので、そういったところで自分たちのペースで進めていくことが勝利に1番近いポイント」

と、打倒フィジーへ向け、ポイントを語っていた。

試合は前半開始わずか20秒でこぼれ球を拾われたところからトライを奪われ、先制を許す形に。

だがその後、前回大会バックアップメンバーで悔しい思いをしたキャプテンの松井千士が相手選手を交わし一気にトライ。今大会日本にとって、最初の得点を叩き出した。

その直後、逆転を許した日本。だが、ラストワンプレーでトゥキリ・ロテがトライを決め、14-12と日本リードで前半を終えた。





そして勝負の後半戦。

藤田のキックオフが好所に上がると、ボールをキャッチした副島亀里ララボウラティアナラが一気にトライ。19-12とさらにリードを広げた。

だがその後は日本のミスもあり立て続けに相手へトライを決められ逆転を許す形に。そのまま試合は終わり、19-24と惜しくも初戦勝利とはならなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧