7人制ラグビー日本代表・藤田慶和が明かす無観客開催への複雑な思い「本音を言うと・・・」それでも「意味のある大会」を誓う

タグ: , , , , 2021/7/9

 東京五輪男子7人制ラグビー日本代表の藤田慶和が9日、オンラインにて個別記者会見をおこなった。

・今すぐ読みたい→
【7人制ラグビー】「人生最大の挫折」を経て五輪代表入りの藤田慶和「やっとスタートラインに立てた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshikazufujita-participation-tokyo-olympics/



会見冒頭、改めて現在の心境を聞かれた藤田は

「オリンピックに内定して嬉しい気持ちと、内定した選手がいる一方で落選した選手もいるので、責任感を感じています。オリンピックへ向けてスタートラインに立て、最高の準備をして最高のパフォーマンスを発揮できるようにやってきたいと思いますし、ずっと言い続けてきたメダルというものにチャレンジしたい。メダルを獲れるようしっかりと準備をしてきたいと思います」

と、悲願の五輪舞台へ向け気を引き締めた表情でコメント。

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、都内全会場での無観客開催が決まった今大会。東京スタジアムで開催される7人制ラグビーも、無観客試合の対象となった。





選手にとって大きなエネルギー源となる観客の歓声がない中で試合が行われることとなるが、これについて

「率直な思いとしては、観客の皆さんがいる中でプレーをしたかったですし、本音を言うと、家族くらいは見て欲しかったなと言う思いはあります」

と、無観客への無念さを口にした藤田。だが、

「世の中の状況は僕たちではコントロールできない。コントロールできる部分をしっかりと準備してきたいです。自分たちがやれることは、プレーを通して何かを伝えること。開催するにあたって、意味のある大会にしようとチーム内で話もしました」

と、開催に向け、前向きな思いで準備を進めているとも語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧