「W杯、日本の勝機はキッキングラグビー」元日本代表・畠山健介選手に独占インタビュー

タグ: , 2019/2/23

 130年以上の歴史と伝統を誇る、ラグビー欧州6ヶ国対抗戦「シックス・ネーションズ」が現在開催中。

 第2節「スコットランドvsアイルランド」の試合終了後、同大会を生中継しているWOWOWで番組ゲストを務めた元日本代表の畠山健介選手に、この一戦の感想や第3節以降の見どころ、また、9月に開催されるラグビーワールドカップ2019にて日本代表と対戦することが決まっているこの両チームについて、独占インタビューを行った。

(c)WOWOW

・合わせて読みたい→
W杯イヤー!ラグビー・松島幸太朗の「青写真」(https://cocokara-next.com/motivation/kotaromatsushima-world-cup-year/)

日本代表選手としてワールドカップに関わりたい


──スコットランドvsアイルランドのゲスト解説を終えて、いかがでしたか?
畠山:トシさん(廣瀬俊朗さん)との解説はとても楽しかったです。そしてやはりアイルランドとスコットランドはワールドカップという大舞台で日本代表の対戦相手となるチームなので、その両チームの対戦を見ることができたのも良かったと思っています。ただ、ワールドカップで同じプールに入るチーム同士の対戦ということもあって、どこまで手の内をさらすのか、といった駆け引きを解説することの難しさを感じました。もちろんお互い負けたくないという思いを感じることができた、見応えのある試合でしたけどね。

──この試合で一番インパクトを残した選手として、アイルランドのフルバック、ロブ・カーニー選手を挙げました。
畠山:はい。そしてトシさんが挙げたアイルランドのプロップ陣も仕事量が豊富でした。スクラムを押し、ボールを持って、ディフェンスでも献身的に動いていました。こういった選手がプロップにいるのはアイルランドの強みですね。スコットランドも要所要所では頑張りましたが、セットピース(スクラムやラインアウト)は試合中盤までアイルランド優勢だったので、スコットランドがなかなか敵陣に入れなかったのはそれが原因だったと思います。

──畠山選手が楽しみにしている今後の注目カードは?
畠山:第3節のウェールズvsイングランド(2/23[土]深夜1:30~[WOWOWライブ])が特に楽しみですね。今のイングランドに対抗できるのはウェールズだけ、という印象を受けています。スコットランドはこのアイルランド戦のようなパフォーマンスではイングランドに勝つのは難しいでしょう。

──そのイングランドの印象はいかがですか?
畠山:メンバーがしっかりしていますね。2016年にエディー(・ジョーンズ ヘッドコーチ)が就任した当時からはかなりメンバーが変わっていますが、それでもかなりのハイパフォーマンスを見せていますし、育成の面で効果が出てきていることがうかがえます。いよいよワールドカップに向けて仕上げてきているなという印象です。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧