結局は戦力外通告?ノンテンダー・秋吉の独立リーグ入りで日ハムの「あの発言」に注目集まる

タグ: , , 2022/1/31


 華々しい話題の裏では・・・。日本ハムからノンテンダー、自由契約となっていた秋吉亮投手(32)が独立リーグの球団と契約することが分かった。

・今すぐ読みたい→
中田、西川らが抜けた日本ハム 次なる「チームの顔」は? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-next-star/



 日本ハムからノンテンダー通告を受けたのは、秋吉、大田泰示外野手(31)、西川遥輝外野手(29)の3人。大田はDeNA、西川は楽天入りしたが、秋吉の去就が定まらず、注目を集めていた。

 秋吉は2014年に社会人野球のパナソニックからドラフト3位でヤクルト入り。15年には球団記録のシーズン74試合に登板してリーグ優勝に貢献。17年にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表に選出されたこともある実績のあるサイド右腕。18年オフに日本ハムに移籍後も守護神として活躍していたが、昨年11月に、保留手続きを行わないノンテンダー通告を受けていた。

 秋吉本人に野球を続けたい意向が強く、今回の契約に至ったが、独立リーグ入りで改めて、日ハムの対応に注目が集まっている。





 ポイントは球団が秋吉、西川、大田をノンテンダーとしたときの説明だった。球団側はノンテンダーの意義について、FAの権利を保有している各選手を自由契約とすることで移籍のハードルを下げることをメリットに挙げていた。さらに「昨年もノンテンダーの村田透投手と再契約した例があるように、ファイターズとの再契約の可能性を閉ざすものではありません」とコメントしていた。球団にはこれまでもノンテンダーを提示した選手たちにその後、格安の年俸で再契約を結んだ事例があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧