侍ジャパン・主力候補選手の状態が上がらない一方で、圏外から飛び込んできそうな絶好調の選手たちとは

タグ: , , , 2021/4/7

 野球の五輪戦線に異状アリか。1年延期された東京五輪が7月末に迫ってきたが、主力候補と目された選手たちの状態が上がってこない。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/



 6日にはエース格の一人に期待されるソフトバンク・千賀滉大が日本ハム戦で待望の今季初登板を果たした。両ふくらはぎの不調で調整が遅れていた。

 直球は最速159キロを計測するなど、6回1死まで3安打無失点と圧巻の投球内容。だが、渡辺の強烈なピッチャー返しを捕球した際にバランスを崩して倒れ込んだ。起き上がれず、左足首付近を手で押さえたまま、担架に乗せられて降板した。

 昨年の沢村賞投手である中日・大野雄大は、フル回転した昨季の疲労が抜けきらない様子。6日のDeNA戦は6回5失点と打ち込まれ黒星を喫した。今季初登板だった3月30日の巨人戦は、7回2失点ながら勝ち負け付かず。この巨人戦にぶつけるため、戦略的に開幕投手を避けたと伝えられる一方で、昨季から残る疲労に首脳陣が配慮したという情報もある。





 野手に目を移せば、選出間違いなしと思われていた西武の外崎修汰が骨折のアクシデントに見舞われた。3日のソフトバンク戦で左足首付近に死球を受け、左腓骨骨折と診断された。全治は未定だが、復帰まで1カ月以上はかかる見通し。五輪出場も危ぶまれる事態となった。

 西武では4番の山川穂高も左太腿裏の軽度の肉離れで離脱。復帰は5月以降に見込まれている。

 外野手では巨人の丸佳浩が新型コロナウイルスに観戦して離脱。復帰時期は未定で、数日間体が動かせない以上、過去の罹患者は1軍復帰には1カ月前後を要している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【白鳥大珠選手】オリジナルTシャツ

「キックの王子様」こと白鳥大珠選手のTシャツの販売が決定いたしました!こちらは期間限定の受注生産販売です。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧