侍ジャパン 米国戦に7―6と勝利 金メダル獲得へ『大事な修正点』とは

タグ: , , , 2021/8/3

 東京五輪の野球日本代表、侍ジャパンは2日、決勝トーナメントとなる準々決勝の米国戦(横浜スタジアム)に7―6と勝利。10回延長タイブレークの末に甲斐(ソフトバンク)の勝ち越しタイムリーで勝負を決めた。シーソーゲームをモノにした日本代表だが、目指す金メダル獲りにはいくつかの課題も浮かび上がっている。

・今すぐ読みたい→
大谷の「規格外ぶり」はプレーだけじゃない!金村義明が試合を見て驚いた「あること」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-nonstandard/



 先発した田中(楽天)の立ち上がりは順調だった。初回は先頭のウエストブルックを3球で空振り三振に打ち取ると続くアルバレスも見逃し三振を奪った。現在DeNAに在籍する3番のオースティンには左中間への二塁打を許すも、最後は4番のカサスから空振り三振を奪った。

 しかし痛かったのは味方が点を奪った直後の4回だ。先頭の3番オースティンを空振り三振、4番カサスには四球を与え一死一塁とすると迎えた5番フレイジャーにスライダーをとらえられ、左中間へ適時二塁打を許す。1点を返され、粘りたかったところだが、なおも1死三塁から6番フィリアに死球を与えてしまう。落ち着きを欠いたまま一死一、三塁で迎えた7番のコールズバリ―には初球のスライダーをはじき返され、左前適時打で同点とされる。さらに二死一、二塁で迎えた9番、アレンにはフルカウントから浮いたスプリットをとらえられ、右翼線へ勝ち越し適時二塁打を許す。野球は得点直後の相手の攻撃を0点に封じることが、ゲームの流れを引き寄せることにつながるだけに、侍のエースとしては物足りない投球内容だった。





 結局4回途中を投げ、6安打3失点で降板。試合後のテレビインタビューでは自身の投球内容に関して「味方が先制した後に点を取られて、逆転を許し、流れを悪くしてしまった」と反省。すぐにバッテリーを組んだ梅野(阪神)と話し合い、「お互いで(打たれた原因の)共通点は合致していた。今日の結果は自分にとっても悔しいので、次の登板に備えて準備をしたいと思います」と巻き返しを誓った。昨年までヤンキースに在籍し、メジャーを舞台に戦った経験値を米国戦で生かすことを首脳陣も期待していただけに、今後の登板で今日得た反省点を生かせるかが注目される。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧