大船渡・佐々木、プロ予備軍を三者凡退「大勢の観客の中で投げることができて良かった」

タグ: , 2019/8/27

 東北の怪物は、期待を裏切らなかった。

 高校日本代表と大学日本代表の壮行試合が26日に神宮球場で行われ、先発した大船渡(岩手)佐々木朗希投手(3年)が最速156キロをマークした。大学トップクラスの打者を、1回無安打無失点2奪三振とひとひねり。30日に開幕するU18W杯(韓国)へ弾みをつけた。

真価が問われる一戦


 真価が問われる一戦だった。噂の最速163キロ右腕は、はたして本物なのか? スピードだけなのか?

3年最後の夏は岩手大会決勝で花巻東に敗れ、全国舞台には縁がなかった。超高校級とはいっても、所詮、地方レベルの打者を抑えていたにすぎない。この日の相手は、7月の日米大学野球で優勝したメンバーがズラリ。プロ予備軍といってもおかしくない打線を、力でねじ伏せた。

 1番宇草孔基(法大)を初球152キロで左飛。2番小川龍成(国学院大)の3球目に156キロを計測。最後は134キロフォークで空振り三振。3番柳町達(慶大)には152キロ直球を振らせ、2者連続三振。わすか12球で、満員の神宮は興奮のるつぼと化し、ネット裏に陣取ったプロスカウトも一安心だったに違いない。

 試合は佐々木の力投もあって流れを引き寄せた高校日本代表が、5-5で引き分け。格上の大学日本代表を9回1死までリードして追い詰める健闘ぶりが光った。

・合わせて読みたい→
「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希投手にオススメのプロ3球団はココ!(https://cocokara-next.com/motivation/recommended-professional-baseball-team-for-sasakirouki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧