UFCを愛してやまない俳優・松尾諭が『UFC239』の展望を語る

タグ: , , 2019/7/3

 世界中から最強の猛者が集い、「真の頂点」を目指して究極のファイトを繰り広げるUFC。7月7日(日)午前11時からWOWOWにて独占生中継される『UFC239 inラスベガス』では、ライトヘビー級の絶対的王者ジョン・ジョーンズが挑戦者ティアゴ・サントスと激突。また、女子選手として初の2階級制覇王者に輝いたアマンダ・ヌネスに、ホーリー・ホルムが挑戦する。『UFC239 inラスベガス』での注目選手やUFCそのものの魅力をUFC好きとしても知られる俳優の松尾諭さんに余すことなく話してもらった。

(写真左より)ジョン・ジョーンズ、ティアゴ・サントス、アマンダ・ヌネス、ホーリー・ホルム 写真:Getty Images

・合わせて読みたい→
『生きる格闘文化財』 総合格闘技 堀口恭司 特集 連載スタート!(https://cocokara-next.com/feature_archive/kyojihoriguchi-feature/)

写真:WOWOW


——UFCを好きになったきっかけを教えてください。
「僕ら世代は大体そうだと思いますが、パンクラス、PRIDE、リングスあたりから総合格闘技を見るようになって、UFCの存在も知っていたのですが、なかなか見る術がありませんでした。当時は貧乏だったのでWOWOWにも加入できず……(笑)。それで、WOWOWでドラマに出演するにあたって、WOWOWに加入した方がいいのではと思い、嫁を説得して念願のWOWOW視聴ができるようになりました。それがだいたいドス・サントスがヘビー級の王座になった時くらいからです。それからずっとUFCを見ていました。あ、WOWOWのドラマにも出ていたので、もちろんそっちも見ていました(笑)」

——UFCの一番の魅力を教えてください。
「進化のスピードですね。スポーツとしても、競技としてももちろんですが、それに加えて技の移り変わりが早いところも魅力的です。」

——『UFC239 inラスベガス』は、ジョン・ジョーンズがティアゴ・サントスとライトヘビー級王者を、アマンダ・ヌネスがホーリー・ホルムと女子バンタム級王者をかけてのダブルタイトルマッチです。注目選手を教えてください。
「タイトルマッチでいうと、ヌネス戦です。ホーリー・ホルムはきれいなのですが、どこかいつも悲壮感が漂っています(笑)。勝った時も喜びが爆発しているというよりも悲壮感が感じられます。一方のヌネスは前回の(クリス・)サイボーグ戦で、野獣っぷりがすごかったです。今回は、その野獣にホルムがどこまで食い下がれるか、というところに注目したいですね。立ち技勝負になれば、ホルムが意外とうまく立ち回るのではないかとも思います。ジョーンズ戦もサントスがどこまでジョーンズに食い下がるのかです。ジョーンズは復活してから右肩上がりに調子を上げているので、あの勢いは止められないかと思います。」

ジョン・ジョーンズ 写真:Getty Images

——ズバリ勝者を予想するとしたら?
「(即答で)ヌネスです。ライトヘビー級も王者のジョーンズが勝つと思います。」

——そうなると、ホルムの悲壮感漂う表情は見られないでしょうか?
「勝った時の悲壮感なら見たいですけど、負けた時はホントに辛くそうなので、あまり見たくはないですね。ただ、オクタゴンに入っていく時の表情もそうなのですが、ヌネスは(ホルムとは対照的に)ノリノリで入場してくると思うので、その(両者の)ギャップある表情を見るのも楽しみです。」

アマンダ・ヌネス 写真:Getty Images

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧