「ジョーダン後輩」がフル出場でホーム10連勝 三河vs川崎『バスケ観戦冥利に尽きる』中地区前半の天王山

タグ: , , , 2018/12/13

〇三河 79 ‐ 75 川崎●
(三河通算成績 12勝10敗)

 「バスケ観戦冥利に尽きる一戦」だった。シーホース三河vs川崎ブレイブサンダース、Bリーグ・中地区の本命2チーム同士がぶつかる前半戦の天王山だ。

 ホームの三河は今季途中加入の「マイケル・ジョーダンの後輩」、ケネディ・ミークスが40分フル出場、22得点、17リバウンドの活躍。「Mr.シーホース」桜木ジェイアールを中心に、「オープンの選手で攻めるオフェンス」(鈴木HC)でホーム10連勝を飾った。

 前年の全米大学チャンピオンは半端なかった。ミークスは「神様」マイケル・ジョーダンもOBのノースカロライナ大学で昨年全米を制覇した中心選手。今季途中にミークスが加入後、明らかに三河が息を吹き返した。

ミークスは今から約1年半前の2017年4月に同大学の6度目の全米制覇に貢献。八村塁を擁するゴンザガ大学相手の決勝戦残り12秒、ミークスのシュートブロックからの速攻で全米タイトルを手にした。23歳は全米でもトッププロスペクトだった。明るい性格でチームメイトからもファンからも愛されるキャラクターだ。

 この日はスペシャルゲストとして中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が登場。試合前にはドアラとタツヲの熾烈な3本勝負や始球式で2351人の観客を沸かせた。

 川崎、三河両チーム共に、今シーズン序盤は本来の力を発揮できていなかったが、ここに来て攻守ともに形ができて来た。2018年内の試合は残り数試合だが、両チーム共に後半戦に向けてお互いの力を引き出した夜だった。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 三河17–24 川崎


立ち上がりから「熾烈」な打ち合いに

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

川崎#22ファジーカス、#7篠山、#0藤井にアウトサイドシュートを高確率で決められるも、三河は速いオフェンスから#14金丸のミドルシュート、#12西川のゴール下の合わせで渡り合う。開始4分ファストブレイクから#12西川が3Pシュートを射抜いて逆転するが、川崎#22ファジーカス、#7篠山の3Pシュートで再びリードされてしまう。
#32桜木がコースト トゥ コーストで2点差とするも、残り1分から川崎#33長谷川、#22ファジーカスに得点を許し、7点のビハインドで1Qを終える。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧