三河の新人『世代を代表するアスリート』岡田侑大がCS出場圏内に導いた!今日、天下分け目の「三河合戦」

タグ: , , , 2019/4/14

 2019年4月13日(土)
〇三河 91 ‐ 83 三遠●
(三河通算成績 30勝27敗)

 就任23年目の冷静な指揮官・鈴木貴美一が珍しく試合中にガッツポーズで感情を表に出して選手を称えた。

岡田侑大、世代を代表するアスリートの雰囲気


 「見事だ」、「よくやった」と言う声が聞こえてきそうなガッツポーズは、3Q残り7分31秒の岡田侑大のプレーに対してだった。岡田がジャンプショットを打ちに行ったところ、相手のブロックが高いと判断、瞬時に視界に入ったゴール下のアイザック・バッツへのパスへと切り替え、バッツの2得点につなげた。記録上は岡田がシュートを外した形になったが、名将の感情も爆発させた『隠れたファインプレー』が一瞬の判断がチームに勢いを与えた。

 今季途中、拓殖大学から特別指定選手として加入した二十歳。11月からの加入後、徐々にプレータイムを伸ばして来て、打って良し、パスして良し、ドリブルしても良しと高い能力を見せつけ、今や主力として成長した。バスケ界の今後を担う選手になる事は想像に難くないが、コート上でボールを持った時のオーラ、雰囲気は、もしかするとバスケ界の域にとどまらない、世代を代表するアスリートになる可能性も秘めている。

 試合は、エース・金丸晃輔がフェイスガードの密着マークを受ける中、岡田がゲームハイの24得点、ミークスが23得点、バッツ、桜木、熊谷が二桁得点をマーク。チャンピオンシップ(CS)進出に向けて貴重な白星を勝ち取った。

苦しみ抜いた71年目の名門チーム、残り3試合は…

 昨年までの三河は圧倒的なチーム力で、早々と3月までに地区優勝を決めていた。しかし、今季は主力2人が移籍で抜けて、シーズン前にはエース・金丸晃輔が「僕が移籍して来たみたい」と言うほど全く違うチームになり、一からのチーム作りとなった。選手や球団関係者によると「記憶にない」と言う開幕5連敗からのスタート。

 その後も勢いに乗り切れない日々が続いたが、苦しみながら工夫と粘りでここまで来た。今季途中でのケネディ・ミークスの補強、大学生だった岡田侑大、熊谷航を特別指定選手として獲得、この日はその3人が試合スタートのメンバーに。名将・鈴木貴美一が「育てながら戦う」とタクトをふるって来たシーズン。

 過去71年間の歴史の中でも異例な特殊なシーズンの一つになったに違いない。

 この日の各地区の試合が始まる前の時点ではCS出場のワイルドカード争い3位だった三河。CS争いをする名古屋が敗れたため同2位に浮上、CS出場圏内に入った。

 苦しみ抜いた今シーズン、運命の残り3試合。どんな結末が待っているのか。

 まずは14日の三遠との「三河合戦」、天下分け目の合戦を制する必要がある。

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧