2試合連続の延長戦!まさに意地のぶつかり合い!!バスケ三河vs名古屋Dの愛知ダービーは1勝1敗

タグ: , , , 2020/1/27

 1月25日(土)・26日(日)の2日間、シーホース三河は名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦。2試合ともに延長戦にもつれ込む大接戦。両チームともに一歩も譲らず、1勝1敗で愛知ダービーを終えた。

三河の連勝は9でストップするも、Bリーグ・中地区2位をキープ。次戦は29日(水)、1位を独走する川崎ブレイブサンダースをホームに迎える。エース・金丸の怪我が気がかりだが、安定の得点力ガードナー、好調のジョンソン、爆発力のある森川らの活躍を期待したい。

・合わせて読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

1/26(日) シーホース三河vs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ Game2レポート / 試合後コメント

―1月26日(日)試合結果―
●三河74-78名古屋D 〇
(三河通算成績14勝18敗)

1Q 三河24-15名古屋D


9点リードする好スタート

スターティング5は、#1川村、#9森川、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

序盤から名古屋Dはインサイドを積極的に攻めて先行するが、三河はピック&ロールやスムーズなパスワークから#1川村、#54ガードナーが3Pシュート、#32桜木がゴール下と多彩な形で得点を積み上げる。

開始3分を過ぎるとやや得点のペースが落ちるが、#11熊谷がショットクロックギリギリで3Pシュートを沈めて停滞ムードを打ち破り、#32桜木、#54ガードナーのインサイド、#1川村の3Pシュートと徐々に点差を広げ、9点リードで最初の10分を終える。

2Q 三河40-37名古屋D(三河16-22名古屋D)

終盤追い上げられ、3点リードで前半を終える

スタートは、#2岡田、#7長野、#21ジョンソン、#24加藤、#54ガードナー。

#21ジョンソンのダンクでリードを二桁に乗せると、#7長野が高速ドライブでレイアップを決めて主導権を奪う。タイムアウトで修正を図った名古屋Dに6点差に追い上げられるが、#21ジョンソンのリバウンドや#9森川、#54ガードナーの連続3Pシュートで対抗。しかし名古屋D#21笹山にブザービーターを決められるなど9点を奪われ、3点差に迫られる。

3Q 三河52-52名古屋D(三河12-15名古屋)

熾烈なディフェンスゲームに

スタートは、#1川村、#9森川、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。 後半は激しい守り合いに。#21笹山を中心にオフェンスを組み立てる名古屋Dに、開始4分45-45の同点に追いつかれるが、#11熊谷と#54ガードナーの2メンゲームで崩して最後は#32桜木が合わせるなど、冷静なチームオフェンスですぐにリードを奪い返す。以降はリードチェンジを繰り返す一進一退の攻防が続き、52-52の同点のまま最終Qを迎えた。

4Q 三河65-65名古屋D(三河13-名古屋D13)

11点のリードを築くも、名古屋Dの反撃を浴びて延長へ突入

スタートは、#1川村、#7長野、#21ジョンソン、#24加藤、#54ガードナー。

ハードなディフェンスを継続し、開始からの約4分間名古屋Dのオフェンスを沈黙させると、#54ガードナーを起点にオフェンスを展開。力強いポストアップやリバウンドをねじ込むと、#1川村の3Pシュートもアシスト。青いブースターからはガードナーコールが沸き起こる。 タイムアウトで反撃の糸口をつかみたい名古屋Dだったが、#24加藤がルーズボールにダイブしてマイボールにするなど、身体を張ったプレーで付け入る隙を与えない。

9点リードで迎えたオフィシャルタイムアウト明け、#21ジョンソンがパスカットから華麗なロールでかわしてリングへ一直線。レイアップを沈めてリードを二桁に乗せるが、ここから名古屋Dは#9安藤の3Pシュートを口火に猛追。残り2秒に#24バーレルの得点で65-65に同点に追いつかれ、2戦連続でオーバータイムにもつれ込んだ。

EX1 三河74―78名古屋D(三河9-13名古屋D)

最後まで一歩も引かず反撃するも、4点差で惜敗

スタートは、#1川村、#11 熊谷、#21ジョンソン、#24加藤、#54ガードナー。

勢いに乗る名古屋Dに#20アームストロング、#24 バーレルの得点で先手を取られる。#21 ジョンソン、#54 ガードナーが食らいつくが、残り1分半、名古屋D#21笹山にミドルシュートを決められ、73-69とリードを4点に広げられる。

最後はファウルゲームに持ち込み、#11熊谷の3Pシュートで粘ったが、名古屋Dに逃げ切られ、「愛知ダービー」は1勝1敗の痛み分けに終わった。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

今日は入り方も非常に良かったですし、ミスも少なくパスも回っていたんですが、だんだんシュート確率が下がってしまいました。あと1本だったんですが、そのシュートを最後入れられませんでした。

いい形で打って落ちてしまったシュートは仕方ないですし、リバウンドもしっかり頑張っていましたので、内容的には良かったんですが、負けてしまった非常に残念な試合でした。

スコア的に今日はディフェンスのゲームだったかと思いますが、昨日の悔しさを前面に出してきた名古屋Dさんの粘り勝ちで、我々が守りに入ってしまったことも原因の1つにあると思います。

またすぐに川崎戦があるので、切り替えて頑張ります。

-#14金丸選手の欠場と怪我の状態について
本人からはひねったと聞いています。検査中の状態で詳しいことはわかりませんが、怪我の箇所は腰です。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧