B1リーグ・愛知ダービー、三河が連勝し単独首位へ。勝負どころでの得点力が勝利を引き寄せる

タグ: , , , 2021/1/26

 B1リーグ第17節。シーホース三河は、名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦。

1月23日(土)第1戦は、1Qからエース・金丸が得点を重ね、ゲームの主導権を握る。最終Qに名古屋に猛追されるも振り切り、勝利した。

24日(日)第2戦。ゲーム前半は、両チーム得点が伸びず29-26の三河3点リードで終える。3Q、金丸が16点をあげるものの、名古屋Dも粘りわずか4点差で最終Qへ。同店でオフィシャルタイムアウトを迎えるが、終盤の勝負どころで16-0のランと圧倒し、三河が愛知ダービー連勝を飾った。エース・金丸が27得点と連日の爆発。コリンズワースが11リバウンド11アシスト、ガードナーが22得点8リバウンド10アシスト、柏木が12得点と攻守で勝利に貢献した。

・今すぐ読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河) https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/

―試合結果―
2021年1月23日(土)
三河 ◯ 79 ― ◯ 73 名古屋D
(三河通算成績20勝8敗)

1Q 三河 26 – 14 名古屋D


金丸15得点の爆発で、主導権を握る

スターティング5は、#1川村、#5コリンズワース、#14金丸、#32シェーファー、#54ガードナー。

名古屋D#9安藤、三河#14金丸の両シューターの3Pシュートの打ち合いで幕を開けた「愛知ダービー」は、序盤からアップテンポな打ち合いとなる。名古屋Dのゾーンディフェンスに対して#54ガードナーの3Pシュート、#5コリンズワースのリバウンドで対抗すれば、名古屋Dも#10ライオンズの3Pシュート、#9安藤のダンクで譲らず、激しい主導権争いが続く。

#14金丸のフローター、3Pシュートの連続得点、#54ガードナーのフェイダウェイで前に出ると、残り2分半には#5コリンズワースがアタックと見せかけてキックアウト。#14金丸が放った3Pシュートはリングに吸い込まれる。名古屋Dはタイムアウトを取るも、#5コリンズワースとの絶妙な合わせで#14金丸が立て続けに得点して、二桁リードを築く。

2Q 三河 45 – 29 名古屋D(三河 19–15 名古屋D)

ディフェンスから流れを呼び込み、16点リードで折り返す

スタートは、#7長野、#8高橋、#14金丸、#21ウィティングトン、#54ガードナー。

#21ウィティングトンのフリースローが決まると、ホームのような熱いシーホースビートが響き渡る。青援に鼓舞されて#14金丸、#7長野がミドルシュートで続くが、その後はやや重い展開に。

それでも名古屋Dの速いトランジションを#7長野らが素早い攻守の切り替えで防ぎ、粘り強いヘルプディフェンスで名古屋Dにシュートタッチを狂わせて、リバウンドを奪取。ディフェンスから流れを取り戻すと、#8高橋のドライブ、#3柏木のスティールから#54ガードナーが押し込んでリードを15点に広げる。#1川村の3Pシュート、#54ガードナーのパワーアタック、#3 柏木のカットインとバリエーション豊かな攻撃を展開して、名古屋Dを翻弄。29–45と大きくリードしてハーフタイムを迎える。

3Q 三河 68–46 名古屋D(三河 23–17 名古屋D)

川村、シェーファーが牽引し、22点差で最終Qへ

スタートは、#1川村、#5コリンズワース、#14金丸、#32シェーファー、#54ガードナー。

名古屋Dは#10ライオンズや#8張本のアタックで反撃に出るが、インサイドを支配し、リバウンドを#5コリンズワースのフリースロー、#32シェーファーのゴール下につなげて、じわじわと突き放しにかかる。

#54ガードナーを起点に#1川村が3Pシュート、ハイロープレーから#32シェーファーがフェイダウェイとゾーンディフェンスを切り裂き、川村のターンアラウンド、#21ウィティングトンの3Pシュート、#5コリンズワースのファストブレイクと緩急自在な攻撃で22点リードを築く。





4Q 三河 79 – 73 名古屋D(三河 11–27 名古屋D)

名古屋Dの猛攻を振り切り、「愛知ダービー」に先勝

スタートは、#5コリンズワース、#7長野、#8高橋、#21ウィティングトン、#32シェーファー。

名古屋D #4エアーズ、#10ライオンズが奮起するが、#21ウィティングトンの3Pシュート、#5コリンズワースのリバウンドで応戦する。#7長野がキレのあるアタックでチームに流れを呼び込むと、#54ガードナーがポストアップ、さらに#3 柏木との息のあった2メンゲームで加点し、試合を優位に進める。

終盤は名古屋Dの反撃を受けるが、最終スコア 名古屋D 73–79 三河で逃げ切った。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

試合の入り方が非常に良くて、4Q途中までは自分たちのバスケットがしっかりできました。パスミスなど、4Qが嫌な終わり方になってしまったので、明日は気を引き締めて頑張りたいと思います。

シーホース三河 #14 金丸晃輔選手 試合後コメント

試合の入りから、終始、三河のリズムで試合を進めることができました。

ディフェンスがすごく良く、ヘルプの寄りやローテーション、今日はその辺りがしっかりできていたことが、勝ちに繋がったと思います。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧