合言葉はカエル女子? ボクシング日本女子に初の金メダルをもたらした入江の素顔とは

タグ: , , , , 2021/8/3

 日本女子ボクシング界に何ともチャーミングなニューヒロインが誕生した。3日に女子フェザー級の決勝がおこなわれ、入江聖奈(日体大=20)が、19年世界選手権覇者のネスティー・ペテシオ(フィリピン)に判定で勝利し、日本女子史上初の金メダルに輝いた。

・今すぐ読みたい→
稲葉監督「迷采配」サヨナラ勝ちに野球ファン賛否 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/samurai-japan-strange-coaching/



 ボクシングにおいて日本勢の金メダルは、64年東京五輪男子バンタム級・桜井孝雄、12年ロンドン五輪男子ミドル級・村田諒太に続く3人目の快挙となった。初出場ながら、世界選手権王者のペテシオの猛攻をかいくぐりながら、最終ラウンドまで積極的な攻めの姿勢を崩さず、大金星を奪い取った。これにはSNS上でも「攻めの姿勢がめちゃくちゃ格好良かった!」「女子ボクシング、かっこいい!」と称賛の声が相次いだ。

 入場時から笑顔を絶やさず、金メダルを獲得した瞬間は思わず、リング上で両手を突き上げ、涙する場面も。試合後のインタビューでは「気がついたら着替えてたので本当に何も覚えてないです。何度もほっぺつねったんですけど、夢みたいで、今も夢の中みたいです」と赤裸々に心境を明かした。





 さらに衝撃発言は続く。表彰式後の記者会見では3年後となる24年パリ五輪に向けての展望を聞かれ「自分の中で有終の美で終わりたいっていうのが強くある。大学いっぱいでボクシングは辞めるつもりです」とキッパリ。金メダルに輝きながらも、大学在籍中に限定して競技を続けると明言。金メダル獲得で一躍脚光を集めることとなったが、異例の引退発言まで飛び出したが、あくまで素直に心情をあらわす姿にはSNS上でも、「本人がやりきったならそれで十分」と支持する声も上がった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧