稲葉監督「迷采配」サヨナラ勝ちに野球ファン賛否

タグ: , , , 2021/8/3

 東京五輪の野球で、侍ジャパンが決勝トーナメント初戦の2日米国戦(横浜スタジアム)で7-6のサヨナラ勝ちを収めた。1点を追う9回に内野ゴロで追いつき、タイブレークの延長10回に甲斐(ソフトバンク)がサヨナラ打を放った。チームは1次リーグから負けなし3連勝で、4日準決勝でライバル韓国と対戦する。

 初戦ドミニカ共和国戦に続く2度目のサヨナラ勝ち。プロ野球のスター選手たちがペットボトルの水をかけ合い、歓喜する光景は野球ファンでなくても胸が熱くなる。一方、SNSでは稲葉篤紀監督の采配に対する厳しい声が続出。選手の踏ん張りで逆転できたものの、迷走する選手起用が苦戦を招いたという意見があふれた。

・今すぐ読みたい→
侍ジャパン 米国戦に7―6と勝利 金メダル獲得へ『大事な修正点』とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/samurai-japan-important-corrections/

◆稲葉迷采配①


 先発マスクは、1、2戦と打撃好調だった甲斐でなく、初代表の梅野(阪神)がかぶった。先発田中(楽天)のリード面を期待されたが、呼吸が合わない。梅野の出すサインを見にくそうにしたり、意図と違う球種を投げたり。国際経験が豊富な田中の4回途中3失点KOは、投手だけの責任ではなかった。梅野は得意の打撃でもいいところなく、代わって途中出場した甲斐がサヨナラ打を放ったのも皮肉だった。

◎SNS主なコメント
「短期決戦ではいかに調子のいい選手を見極めるかがポイント。甲斐を先発で使わないのは意味不明」
「梅野はマーくんとリーグも違うし、相性がいいとかあったんだろうか」
「捕手はチームの司令塔。大会の雰囲気や流れ、試合でしかわからない情報を持っている甲斐をあえて外した意図はなんだったのか」





◆稲葉迷采配②

 投手起用に対する疑問の声も多い。3-3の同点に追いついた後、5回から3番手で起用した青柳(阪神)が、米国4番カサスに3ランを許した。今季プロ野球での好調さを買われた変則サイド右腕だが、初登板のドミニカ共和国戦に続き失点を重ねた。国際試合で担うはずだった目先を変える役割が通用せず、2戦とも相手打者にタイミングを合わされていたのは、誰の目にも明らかだった。

◎SNS主なコメント
「1度打たれている青柳を、負けている場面ならともかく、同点の場面で起用したのは理解しがたい」
「右横手投げ(青柳)が苦手な左打者ばかりにあてる珍采配」
「青柳は阪神で先発なのに不慣れな中継ぎ。稲葉監督は中継ぎを簡単にできると思っているとしか思えない。先発投手ばかり多く選んでいるそもそもの選考ミス」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧