大谷3試合ぶり安打! 指揮官がズバリ指摘「スランプの原因」とは

タグ: , , 2021/7/25

 完全休養明けとなったエンゼルス・大谷翔平投手(27)は24日(日本時間25日)のツインズ戦に「2番・DH」で出場。二塁打2本のマルチ安打を記録した。

・今すぐ読みたい→
歴史的な球宴の裏で漏らした大谷の『本音』とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-real-intention/



 第1打席は先発右腕ベリオスのシンカーを捉え、右中間へ。約183キロの鋭い打球を飛ばす二塁打で休養明け、いきなり3試合ぶりとなる安打をマークした。続く3回の第2打席は空振りの三振に倒れ6回先頭の第3打席は遊ゴロ。第4打席は2番手左腕のシルバーから再び二塁打を放ち、マルチ安打を記録。この日は4打数2安打、1得点。球宴後は24打数4安打、14三振と振るわなかったことで、今季初のスランプかと心配されたが、この試合は結果を残した。ただ、まだ完全に不安が払拭されたわけではない。

 最近の不振には「ホームラン・ダービーを含めるオールスター出場による疲労が今回のスランプに影響している」と現地メディアは指摘している。

 この点についてマドン監督は「言うのは簡単だが、本当にそうだとは思わない」とキッパリ。その上で現在の大谷の打撃に関しては以下のように語った。

 「打撃コーチは、打席でのアプローチ(ストライクとボールの見極め)は早いというよりもむしろ遅い、と言っていた。つまりは単に(ストライクとボールの判断が鈍り)ボール球を振っているということだと思う。以前は打席で非常に我慢強く、四球でも我慢できていた」とコメント。

 ストライクとボール球の判断が鈍り、悪球を振っていることで三振が増えたと見る。この点の課題解消についても次のように語る。





「ストライクゾーンをきっちり整理できれば、再びもっと四球が増えるだろうね。今のショウヘイは始動(ストライクとボールの見極め)が少し遅く、ボール球を追いかけてスイングしてしまっている。いかに、ここを抜け出せるかがポイントだ。彼がやっていることは難しい。彼だって年中パーフェクトなわけじゃないんだ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧