香川真司、コロンビア戦PKで見せた精神的成長

タグ: , , 2018/6/20

・合わせて読みたい→
サッカー・高木3兄弟、父・高木豊の「忘れられないオヤジの言葉」(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutakatakagi-word/)

 ワールドカップロシア大会初戦。熱い日差しに照らされたサランスクのピッチには、過去の弱さと決別した香川真司の姿があった。

 開始直後にPKを獲得すると「自分で取ったんで、蹴る気満々だった」とペナルティースポットへ向かう。ゆったりとした助走でコロンビアのGKオスピナの動きを見極めると、相手が左に跳ぶと同時に中央やや右に蹴り込んだ。

他の日本人選手の追随を許さないキャリアの一方で、これまでの日本代表…


 ドイツ1部リーグのドルトムントや、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで築き上げてきたキャリアは他の日本人選手の追随を許さない。ただ代表では本田圭佑らの陰に隠れ、これまで目立った活躍はほとんどない。4年前のブラジル大会もノーゴールに終わっていた。

 「背番号10」として期待を受け続ける重圧もあっただろう。それでも、そこから逃げなかった。左足首の負傷で代表入りすら危ぶまれた時期もあったが、大舞台で再び先発を勝ち取り、ついに輝いた。

「いつも通りにやるんだ」

 4年に1度の祭典。

 試合前、緊張と高揚感に満たされた香川は「いつも通りにやるんだ」と自分に言い聞かせたという。PKを蹴る直前、余裕すら漂った表情が精神的な成長を物語る。

 「忘れもしない」という前回大会の屈辱から這い上がり、日本を大きな勝利に導いた。

・合わせて読みたい→
サッカー・高木3兄弟、父・高木豊の「忘れられないオヤジの言葉」(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutakatakagi-word/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧