黒歴史に負けない!阪神・藤浪が因縁の数字「161」キロ自己最速を更新

タグ: , , 2020/10/14

 阪神藤浪晋太郎投手(26)が自己最速記録を更新した。13日中日戦(ナゴヤドーム)で7回裏に登板し、アルモンテへの4球目に161キロをマークした。

・今すぐ読みたい→
また虎なのか…2度目の集団感染発覚に厳しい声も 今後につなげるために求められる対策とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-mass-infection/


 「球速を楽しんでいる余裕は正直ないですが、スピードも出ないよりは出た方がいい。そこを目指すわけではないですが、良かったのかなと思います」。自己記録を1キロ更新。ドリス、スアレスが計測した球団最速記録にも肩を並べた。

 卓越した技術を持つプロの投手でも、スピードボールを投げる能力は、誰にもできることではない。コントロールやけん制、フィールディング、打者との駆け引きなどは鍛えることができても、速い球を投げることは限られた一部にしかできない特殊な才能。(過去最速記録は16年に日本ハム大谷翔平が計測した165キロ)。球速の魅力には誰もがあこがれ、敵味方関係なくファンを驚かせ、喜ばせる。

 低迷が続く藤浪だが、中継ぎ転向が吉と出ている。3連投だったが、150キロ後半~160キロ台の直球でどんどん押し込んで3者凡退。4試合連続無失点と躍動している。リリーフでも比較的プレッシャーの少ない場面で登板することで、本来の球威と自信を取り戻しつつある。





 3月に新型コロナウイルスに感染し、どん底から始まったシーズン。開幕後も先発で結果を出せず、1、2軍を行き来した。課題の制球難を克服できず、球界ではトレード話も浮上。今年もダメか…そんな矢先、球団内でのコロナ集団感染の影響で、9月25日に緊急昇格して、復調のきざしを見せている。コロナに泣かされたが、チャンスをつかんだのもまたコロナだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧