大谷翔平のオールスター選出は当確、ファンの注目はHRダービー出場なるか

タグ: , , , 2023/6/20

メジャートップの24本塁打を放つ大谷は、HRダービーに出場するのか(C)Getty Images

 メジャーリーグオールスターのファン投票中間発表は6月13日に公開され、エンゼルス・大谷翔平はDH部門のトップで、ア・リーグ最多の92万4182票を集めた。6月はアーチ量産で本塁打、打点の2冠を走り、選手には「当確」印を打ってよさそうだ。一方でファンの興味は、オールスターの前日恒例となっているホームランダービーに大谷が出場するのか否かに移ってきている。

【動画】また打った!衝撃の打球に米球界が騒然とした大谷翔平の24号アーチをチェック





 2021年はホームランダービーに初出場。1回戦でフアン・ソト(ナショナルズ)に敗れたが、優勝オッズは一番人気に推された。翌2022年はメジャーリーグ機構から出場を催促されたが、これを固辞。出場辞退したことが物議を醸した。

 伏線があった。近年のホームランダービーは優勝賞金が2019年から100万ドル(約1億4000万円)と大幅に増額されたが、それに伴いショーアップ化が進んだ。以前よりも選手のスイング数が増えて、その負担を重く見る向きもある。

 大谷は2021年にはソトと2度の延長戦を繰り広げ、計71回のフルスイング。汗だくですっかり肩で息をしていた。後半戦はその影響からか、スイングを崩し前半戦でみせた量産には至らず。結果的にウラジーミル・ゲレロJr(ブルージェイズ)、サルバトール・ペレス(ロイヤルズ)に及ばず、一時は確実視されていた本塁打王を逃す結果となった。

 実際に「スイングを崩す」という理由から、ホームランダービー出場を拒否するスラッガーは数多い。昨年も大谷だけでなく、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)を筆頭に、ゲレロやラファエル・ディバース(レッドソックス)ら多くの大砲が出場辞退した。ジャッジは2017年にホームランダービーで優勝。だが、そのシーズンの後半戦にスイングが大振りになり成績を大きく落とした。それ以来、一度も出場していない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧