エンゼルス、球団売却中止の発表で米メディアが大谷翔平との再契約に言及「ヤンキースやメッツにとっては悪いニュースだ」

タグ: , , , 2023/1/25

(C)Getty Images

 1月23日、大谷翔平が所属するエンゼルスは、オーナーであるアート・モレノ氏が球団売却の計画を注視することを発表した。これにより、2023年シーズン以降も引き続き、モレノ氏が球団を所有することとなった。

 昨年8月、エンゼルスより球団の売却を検討していることが伝えられ、その後、売却に向けた手続きも開始したことを発表。さらにNBAウォリアーズのオーナーを務めるジョー・レイコブ氏が買収に関心があることを認めたことなども報じられていた。

【関連記事】「日本のスターはオオタニだけではない」米メディア、侍ジャパンの主力注目プレーヤーを特集!選手層の厚さも指摘





 シーズンの開幕が近づいてきており、売却時期についてもさまざまな憶測が流れていた中、一転しての計画の中止。モレノ氏はその理由について「我々にはやり残した仕事がある。ファンのために再びワールドチャンピオンになる」として、エンゼルスへの強い想いがあると話したとされている。

 これにより、注目を集めるのが来オフにフリーエージェント(FA)を迎える大谷翔平の去就だ。すでに、FAやトレードでの移籍が囁かれ続け、有力候補となる球団名なども挙げられてきている。シーズン開幕後のチーム状況の他、エンゼルスの売却も大きく影響を及ぼすものとみられていた。何より、大谷の勝利への意欲が、低迷するエンゼルスからの移籍の理由の一つとの意見も少なくなかった。

 だが、今後も球団がモレノ氏の所有となることが決定し、オーナー自身もチームの勝利を誓っていることで、大谷が求める「ポストシーズン進出」が現実のものとなるのであれば、日本人スターの移籍の理由が減ることも確かだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧