大谷翔平が104年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成!イチロー超え118号&通算1000奪三振で偉業を演出!

タグ: , , , 2022/8/10

(C)Getty Images

 日本が誇るスーパースターが、ついにやってのけた。

 エンゼルスの大谷翔平は現地8月9日(日本時間10日)、敵地でのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流で出場し、6回4安打無失点5奪三振の好投で今季10勝目を挙げた。今日はエンゼルス打線が機能し、ウォードの3ランなどで5-1。大谷も今季25号本塁打を放って自らを援護した。

【動画】スライダーを完璧に捉えて右翼スタンドへ!偉業に自ら花を添えた”イチロー超え”の118号アーチをチェック






 この勝利で1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成。7月22日のブレーブス戦、同28日のレンジャーズ戦、8月3日のアスレチックス戦と3連敗を喫していたが、4度目の挑戦でついに野球の神様に肩を並べた。さらに、大谷はこの試合で日米通算1000奪三振を挙げつつ、打者としてはイチロー氏を抜くMLB通算118号アーチも放ち、偉業に自ら花を添えた。

 投打に気迫がみなぎっていた。

 初回は1死から2番ロレアノにヒットを許すも、続く3番マーフィーをスライダーで併殺打に打ち取る。3回のピンチでは、左足に打球を当ててヒヤリとさせたが、落ち着いて処理して無失点を続けた。そして5回、2死1塁からロレアノを遊ゴロに打ち取り、勝利投手の権利を獲得。6回を三者凡退に抑えてマウンドを下りた。

 打者としては、1回の第1打席は四球で歩き、3回の第2打席は一塁ゴロ。1点リードで迎えた5回の第3打席で二塁への内野安打を記録すると、迎えた7回の第4打席だ。アスレチックス2番手のセルマンが投じたスライダーを完璧に捉え、ライトスタンドへ美しいアーチをかけた。

 まさに唯一無二の存在感を放ち、偉業を達成した大谷。稀代のスーパースターの活躍は、今後も世界を驚かせ続けるだろう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】DeNA・大田が移籍後初サヨナラ!ノンテンダー組の秘めた「思い」とは
【関連記事】矢野阪神 痛恨のサヨナラ負け 心配される「穴」とは
【関連記事】SB衝撃!親会社が赤字3兆円でささやかれる「球団経営」への深刻な影響とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧