大谷が本塁打ダービー辞退の裏側…昨季後半戦急失速で大きな代償

タグ: , , , 2022/7/16

(C)Getty Images

 エンゼルス・大谷翔平投手が(28)が、7月19日オールスターゲーム(ロサンゼルス・ドジャースタジアム)の前夜祭として行われるホームランダービーに参加しないことが決まり、ファンを一安心させている。

【関連記事】原巨人 中田翔の「懲罰交代」 OBからも批判集める「あの理由」とは

 世界一のスラッガーを決めるお祭りイベントに、昨季、日本人選手で初めて出場した大谷。1回戦でナショナルズ・ソトと対戦して敗れたが、4分間フルスイングした後、同点で2度も延長に入る激闘。ファンをおおいに楽しませた代償は大きかった。

 昨季はオールスター前まで87試合でリーグトップ33発を放ったが、後半戦は71試合で13発と急失速。シーズン終盤までタイトルを争ったが、3本差で本塁打王には手が届かなかった。

◆大谷の21年球宴前後の打撃成績

【前半(87試合)】
33本塁打、70打点、打率.279

【後半(71試合)】
13本塁打、30打点、打率.229

◆大谷の21年球宴前後の投手成績

【前半(13試合)】
4勝1敗、防御率3.49

【後半(10試合)】
5勝1敗、防御率2.84





 オールスター前後で「2.5試合に1発」だった本塁打ペースが、「5.5試合に1発」と急激に落ちている。投手では、前半戦より後半戦の防御率が向上していることから、不調の原因は疲労というより、オールスターを境に、打撃のメカニックの部分で狂いが生じたのかもしれない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧