「まるで映画のワンシーン」大谷翔平の劇的同点打&サヨナラ生還の好走塁に米熱狂!「スペシャルだ」

タグ: , , 2022/5/9

同点二塁打に両手を挙げて喜びを表現する大谷。この後、快速を飛ばして逆転勝利のホームを踏んだ。(C)Getty Images


 日本の至宝がチームの危機を救った。

 現地時間5月8日(日本時間9日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は本拠地エンゼル・スタジアムで行われたワシントン・ナショナルズ戦に「3番・DH」で出場し、4打数1安打2打点の活躍で5対4の勝利に貢献した。

【動画】大谷翔平の渾身ガッツポーズが「まるで映画のワンシーン」!チームを救った同点二塁打とホーム生還シーンをお届け!

 ドラマは最終回に起こった。

エンゼルスが2点リードを許し、迎えた9回裏、二死1・3塁のチャンスで、大谷がフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを放ち、チームは同点に追いついた。センターに大きく伸びる当たりは、惜しくも9戦ぶりのアーチとはならなかったものの、大谷の一打が敗戦間近のチームを救った。

 さらに、続く4番アンソニー・レンドーンがセンターへ安打を放つと、二塁ランナーの大谷はホームへ激走し、結果はセーフ。今度は“足”でチームのサヨナラ勝利を演出した。

 劇的な勝利を呼び込んだ大谷の活躍に対し、米スポーツ専門局『FOXスポーツ』アナリストのベン・バーランダー氏は「スピード、感情、大谷の全てがスペシャル」と投稿。また、MLBの公式Twitterは同点打とサヨナラ生還で、大谷が大喜びしている動画をアップし、「翔平のすべての感情が好き!」とコメントした。このツイートにファンは「大谷は本当に野球を楽しんでいるね」「まるで映画のワンシーンのようだ」などとコメントしており、大谷の活躍に興奮を隠せなかったようだ。

 打率.235、本塁打4と成績こそ本調子とは言えないが、ここ数試合では打撃でも復調の予感を示しつつある。大谷の今後の打席に大いに期待したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!
【関連記事】原巨人 4連敗で3位転落!「ぶち切れ降板」で心配される「昨年の悪夢」とは
【関連記事】好調楽天の裏に西川あり!ノンテンダー組の「逆襲」とは






「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧