大谷、好投も10勝目が遠い・・・ 珍しく怒りをあらわにする場面も

タグ: , , 2021/9/27

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のマリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。7回を投げ今季4度目の10奪三振5安打1失点と好投したものの、打線の援護なく10勝目はならなかった。

【動画】気迫の10奪三振でホーム最終戦を締めた大谷



 
 「投手・大谷」とすれば、完璧に近い投球内容だった。序盤は前回の投球時と同様にスプリット主体に投げていたが、この日はスプリットの制球が悪いとみるや、カットボールとスライダーを中心に組み立て直した。ポストシーズン進出を狙うマリナーズ打線に6回まで無失点と完璧に封じ込めていた。

 しかし1―0で迎えた7回一死、ケルニックにやや甘く入ったスライダーを捉えられ、同点の本塁打を許す。結局、この回で降板。7回112球を投げ、無四球5安打1失点。この日は今季のホームゲーム最終登板となったため、降板時はスタンドのエンゼルスファンから熱いスタンディングオベーションも受けた。

 一方でこの日の大谷は珍しく悔しさをあらわにする場面も。1―1で迎えた7回裏。1打逆転の場面で9番のフレッチャーが倒れて、攻撃終了となると打撃の準備を行っていた大谷がバットを叩きつけて悔しがる姿が見られた。この回、逆転となれば、まだ勝利投手の権利も残っていただけに、自身の失投のくやしさ、勝利への強い気持ちが伝わってきた場面でもあった。





 この場面について大谷は「7回をゼロで抑えたかった。若干、球数が多かったので、そこも抑えて、全体的に考えて8回無失点で乗り切る内容ではあったと思うので。勝てなかったのもそうですし、最後に追いつかれるのも自分の責任かなと思います」とその後、救援陣が打ち込まれて敗戦となったことで責任を一身に背負いこんだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧