大谷の曲がり幅50cm超スライダーがこれだけ騒がれた理由 単純な曲がり幅だけでなく大事だったのは画角だった?!

タグ: , , 2022/4/23

(C)Getty Images

 エンゼルス・大谷翔平投手のスライダーが魔球と話題を呼んでいる。20日のアストロズ戦に先発し、6回1安打無失点、12奪三振で今季初勝利を飾った。ジョー・マドン監督も「私が今まで見た中で一番のパフォーマンス」と絶賛した投球の中で、特に光ったのがスライダーだった。

【動画】「なんてレジェンドだ」と米記者も興奮!大谷翔平が放った2試合連続の3号2ランホームランをチェック!



 大谷はこの日、81球中、約43%にあたる35球のスライダーを投げた。最大の曲がり幅は20インチ(約50・8センチ)あり、その驚異的な曲がり幅が全米で話題になっている。

 スライダーという球種は曲がり幅が出ればもちろん打ちにくいわけだが、単純にそれが大きければいいわけでもない。特にプロで重視されるのは、いかに打者の手元に近づいてから曲がり始めるか。曲がり始めが早すぎると、打者は「変化球だ」と気付くのも早くなり、対応されやすくなる。

 そうした理由から曲がり幅を競う球種ではないのだが、米国のファンは数字の大きさに驚嘆したようだ。MLB公式データサイトのbaseball savantによると、大谷のスライダーの今季の平均曲がり幅は16インチ(約40・6センチ)。昨年は同15・8インチで(約40・1センチ)で大差はなく、20日のアストロズ戦の試合を通した平均は15・0インチ(約38・1センチ)だった。





 突然飛躍的に曲がったわけではないのだが、多くのファンに印象付けたのは恐らく中継するテレビカメラの角度だろう。アストロズの本拠地、ヒューストンのミニッツメイド・パークの中継カメラは、エンゼルスの本拠地エンゼルスタジアムのカメラと比べると打者や投手の正面に近い。横の変化が分かりやすい構図に収まる。特にツイッターなどのSNSでは大谷が右打者外角へ逃げるスライダーや、左打者の外角からバックドアで入れるスライダーなど、「まるでテレビゲームのようだ」というコメント付きで多くの野球ファンの間に拡散されていった。

 多くの日本人ファンにとって、スライダーを得意とする日本人大リーガーといえば、パドレスのダルビッシュ有だろう。昨季もダルビッシュのスライダーの平均曲がり幅は16・3インチ(約41・4センチ)で大谷を上回っていた。今季もここまで平均17・1インチ(約43・4センチ)と大谷を上回る高い標準を保っている。

【関連記事】巨人・中田 誕生日にまさかの二軍落ちも期待される「あの好循環」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧