大谷と筒香が今季2度目の同日アーチ!2人以前にアベックアーチした日本人メジャーリーガーはどのペアだったのか?

タグ: , , , 2021/9/5

 
 わずか10日間のうちに、2度の同日アベックアーチを決めた大砲。それでは2人以前にアベックアーチした日本人メジャーリーガーはどのペアだったのか。時間は一気に4年前にさかのぼる。

 2017年8月22日、マーリンズ・イチローはフィリーズとのダブルヘッダー第1戦で決勝の3号3ランを放った。同点の7回に代打起用され、右中間最深部へ特大アーチ。代打本塁打は通算2本目となった。

 すると同日、ブルージェイズ・青木宣親がレイズ戦で右翼席へ弾丸ライナーの先頭打者アーチを突き刺した。メジャーでは通算6本目の先頭打者本塁打となる4号ソロだった。

 2人はともにアベレージヒッター。アーチ競演は決して多くはなく、それ以降はメジャーリーグで活躍する日本人打者は投打二刀流の大谷1人という状況に陥り、アベックアーチは途絶えていた。昨年、筒香と秋山翔吾の日本人打者2人が海を渡ったが、新型コロナウイルスの影響を受けて60試合というショートシーズンに変更された。今季は大谷は開幕からアーチを量産し続けていたが、筒香と秋山は低調で出場機会にも恵まれなかった。ここにきてようやく筒香がメジャー投手に適応し始め、日本のファンが待ち望んでいたアーチ競演が短期間で続いた。

 大谷の保有権はエンゼルスが2023年シーズンまで持つが、筒香の去就は不透明。メジャー残留を勝ち取れれば、同日アベックアーチはまだまだ増えていきそうな気配がある。それだけにオフの筒香と各球団との契約交渉が重要になってくる。







[文/構成:ココカラネクスト編集部]

●元沢村賞投手SB攝津正とオンライン酒飲み観戦!(http://shop.cocokara-next.com/shopdetail/000000000099)

・今すぐ読みたい→
元ソフトバンク、攝津正氏が2000本安打の西武・栗山を祝福「僕はやっぱり栗山さんです!」の言葉に込めた意味とは
大谷43号3ラン!またも登板翌日、漫画のような活躍に「彼は宇宙人」との声も
大谷の「規格外ぶり」はプレーだけじゃない!金村義明が試合を見て驚いた「あること」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧