中田翔は巨人ファンの信頼を得られるか 鍵を握る「あの選手」の存在とは 〈がけっぷちの男たち〉

タグ: , , 2021/12/30


 それはまるで、「巨人失速」の象徴的なシーンだったと言っても、過言ではないでしょう。

 3位に滑り込みながらも、「借金1」に終わった巨人の2021年シーズン。11月12日、「引き分けなら終戦」で迎えた神宮でのCS最終ステージ第3戦、ヤクルト戦。最後の打者になったのは中田翔でした。2死走者なし、フルカウントからマクガフのワンバウンドのカットボールを空振り三振。巨人ファンのため息とともに、悲しみのシーズンが幕を閉じたのです。

・今すぐ読みたい→
早くも「裏日本シリーズ」とささやかれる「あの2球団」の戦いとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reverse-side-japan-series/


 2020年のパ・リーグ打点王に輝いた中田翔が巨人に電撃移籍したのは、8月20日のことでした。

 スポーツ紙のプロ野球担当記者は言います。

 「この前日の時点で巨人は首位・阪神を2ゲーム差で追い、貯金は14あったんです。つまり中田の加入後、巨人の借金は15に膨れあがったことになる。『中田加入』が好調のチームにマイナスの変化をもたらしたことは、残念ながら数字が実証しています」

 首脳陣は中田を優先的にスタメン起用し、それまで当たっていた中島はベンチスタートに追いやられ、伸び盛りだった北村は同じ右打ちの内野手ということもあり、2軍降格を通告されます。





 かみ合わない歯車。こんな現状を最も悲しんでいたのは、チームを愛する巨人ファンだったのです。

 都内在住の40代、筋金入りのG党は言います。

 「暴力事件で日本ハムを無期限出場停止になった中田が、巨人に移籍後いきなりスタメン起用されたことで、良識派のプロ野球ファンからはSNS上で『巨人は卑怯だ』『勝てばいいのか』という声が聞こえてきた。我々だって『転校生』をどう迎えたらいいのか、戸惑いましたよ。せめて1か月は2軍で、阿部監督のもとで汗と土にまみれて心身を鍛えてくれたら、違う対応ができたと思うんですが…」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧