「一番はチームが勝つこと」今永昇太が7回途中2失点で6勝目! 「信じられないくらいだ」防御率1点台にチームメイトも驚き

タグ: , , , 2024/6/10

今永がレッズ戦で今季6勝目を挙げた(C)Getty Images

 カブスの今永昇太が現地時間6月9日(日本時間10日)、敵地シンシナティでのレッズ戦に先発登板し、7回途中5安打2失点、7奪三振の好投で今季6勝目を挙げた。チームは4-2で勝利している。

【動画】今永昇太が今季6勝目!レッズ戦で空振り三振を奪うシーン





 初回に3点の援護を受けた今永は、直後のイニングを三者凡退で終えると、2回も二死から安打を許したものの無得点で切り抜ける。

 4-0で迎えた3回はルーク・メーリに一発を浴びてしまうが、4回、5回、6回と3イニングを1四球のみで無失点で抑え込んだ。7回は3連打を浴びて1点を失うと、二死を取ったところでリリーフ陣に託してマウンドを降りた。

 米メディア『MLB.com』のジョーダン・バスティアン記者は記事の中で、カブスのクレイグ・カウンセル監督が今永について「野球界最高の投手でもヒットを打たれることはある」と、ニヤリと笑ったと伝えた。

 今永は5月1日以来の白星を手にし、「一番重視しているのは、登板した試合でチームが勝つこと。自分がいい投球ができたのは二番目」と、この日、チームの勝利に貢献できたことを喜んだという。

 記事では、「イマナガは最初の2イニングで対戦した7人の打者全員に初球でフォーシームを投げた」と説明し、「最初の3イニングで、イマナガは11人の打者のうち9人に初球で速球を投げた。ゾーン内の6つのフォーシームのうち5つがスイングを生んだ」としている。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧