青木真也を突き動かす原動力「悪あがきしながらでも勝ちたい、生き延びていたい」、青木真也×大山峻護スペシャル対談2

タグ: , , , , , 2022/2/24

 孤高の格闘家・青木真也選手と、元PRIDE戦士・大山峻護さんによる対談第二弾!

噂されるRIZIN参戦や因縁の秋山成勲戦など、38歳の今、格闘技にかける思いを語った。

・今すぐ読みたい→
青木真也が説く「老い」との向き合い方、「能力が伸びなくなってからがおもしろい」青木真也×大山峻護スペシャル対談1https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shungooyama-shinyaaoki-01/

自分が狙う層に向けてやっていかないと、結局ぼやけていいものが作れない


大山:青木真也vs秋山成勲戦ってところは格闘技ファンみんな期待しているところだけど、この因縁の試合を青木選手はどう感じていますか?

青木:試合としてはあまりおもしろくならないですよ。だって、僕が勝ちますから。40後半の人と、まだトップ戦線張れる人じゃ明らかじゃないですか。ただ、注目されたりとか、キャッチーな試合であることは確かですよね。盛り上がるならやればいいんじゃないかなという使命は感じます。けれど、単純な競技者としてもう一歩上に行けるのかってなると、違った相手になってきますよね。

大山:2021年10月の「Road to ONE」では、青木選手が秋山選手をマイクで挑発する場面があったけど、一格闘技ファンとして純粋にすごいなって思いましたよ。秋山選手とのやりとりがすごくよかったんですよ。しびれましたね。格闘技の選手ってマイクがうまいイメージがそんなにないけど、青木選手はずっとそれをやり込んできているから、さすがだなって。

青木:格闘技のマイクで、一人で完結した素晴らしいマイクは過去に色々あるけど、一人でやるマイクはそんなに難しくないんですよ。ある程度自分の言いたいことを伝えることはできますし。ただ、二人でやる場合、難しいです。相手の空気によって、どのくらいの尺で終わらせて去るかが重要で、ダラダラしちゃダメなんで。インパクトだったり間合いだったり、難しいですけどね。まさに総合格闘技ですよ。

大山:青木選手の言葉、特に過激な発言とかは一人歩きしちゃいがちだけど、その言葉の後ろ側には、青木選手のクリエーターとしてもっと格闘技を盛り上げたいって思いだったり、優しさだったりを感じるんですよ。





青木:自分の商売が何万人、何百万人を相手にしていると思っていないし、メジャーになりたいとも有名になりたいとも思っていないですから。自分の客がいて、そこに対していいモノをしっかり作って、それで成り立っているものがあるんですよ。場末のスナックみたいな感じで、それでいいと思っています。ずっとそんなことやっていると過疎が進んで限界集落になるって言う人がいるけど、そんなに長くまで生きないし、やってないから。だからやっぱり、自分が作りたいものを、自分が「ここだ!」って思う層に狙ってやっていかないと、結局ぼやけていいものが作れないですよね。

大山:青木選手の言葉のおもしろさって、格闘技の話しをしているようで、生き方とか仕事とかいろんなものに通じるところだと思うんですよね。だから、ビジネスマンの方々とかも青木選手の言葉に惹かれるんだろうなって感じます。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧