元PRIDE戦士が語る青木真也「スーパーマッチ実現が日本格闘技界の復活のカギ」

タグ: , , , , 2020/9/11

 9月10日、格闘技イベント「Road to ONE 3rd:TOKYO FIGHT NIGHT」が行われ、ONE世界ライト級王者の青木真也が江藤公洋に判定勝ちした。

 3Rで行われたメインマッチは、終始青木選手のペース。1Rからテイクダウンを取ってパウンドで攻め続け、江藤選手に何もさせないまま判定3-0で完封勝利。試合直後の勝利者インタビューでは、「日本の格闘技を盛り上げるって言うんだったら俺がここで試合をしているのはおかしいのがわかるだろ。わかんねえのか、お前ら。そこまでバカか。俺が試合したいのは5年ぶりにさいたまスーパーアリーナで試合がしてえんだよ。この意味わかるか?青木真也が人生懸けて、存在懸けてこの想いを伝えているんだよ。おい関係者、偉そうな立場で格闘技盛り上げるって言うんだったら、このカード実現してみろよ、わかってんだろ!」と青木節が炸裂した。

 同戦を観戦した元総合格闘家で、青木選手とも親交のある大山峻護さんに感想を聞いた。

大山峻護さん

・今すぐ読みたい→
グレイシー一族に恨まれ、倍返しされた格闘家の波乱万丈すぎる戦い~失神、骨折、網膜剥離~ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shungooyama-fight-style-1/

さいたまスーパーアリーナのリングに立つ青木真也をもう一度見たい


 団体は違えど、同じ時代の格闘技界で戦ってきた大山さんは、「青木選手は格闘技界を引っ張ってきた男で、常にいろいろなものを背負ってきた。そのプレッシャーたるや凄まじいのだろうなと感じていました。前評判はみんな青木選手が勝つと言っていましたが、そういう時にこそジャイアントキリングが起こるので、最後まで何があるかわからないなっていう思いもありました。でも、入場した時から青木選手の覚悟が伝わってきて、鳥肌が立ちましたね。やっぱり青木選手は大きなものを背負っているんだなって。厳しいことを言ったり、噛み付いたりするのって、それだけ注目度も上がるけど、それだけ自分に返ってくるリスクも大きい。それを承知で自分にプレッシャーをかけて大きなものに噛み付いていく。この大会を背負ったのは間違いなく青木選手でしたね。その覚悟が入場から伝わってきて、鳥肌が立ちました」と激闘を称えた。

 防戦一方となった江藤選手に対しては、「フィジカルの強さは動きから伝わってきました。青木選手有利の状態でフルラウンド粘れるという彼のポテンシャルは素晴らしいですね。ただ、青木選手が江藤選手のいいところを全部消していました。世界でずっと戦ってきた差が出ましたね。それでも、世界の青木とフルラウンド戦えたってことは江藤選手の財産になるので、これを糧に頑張って欲しいなと思います」と、自身もヴァンダレイ・シウバやミルコ・クロコップなどのスター選手に完敗を喫してきた経験をもとにエールを送った。

 「一格闘技ファンとしては、さいたまスーパーアリーナのリングに立つ青木真也をもう一度見たいですね。ビッグマッチが組まれるようなことがあれば、日本の格闘技界が復活の狼煙をあげるようなことになるのではないでしょうか。実現したら嬉しいですね。青木選手にはまだまだ格闘技界を引っ張って行って欲しいので。あそこまで大きいもの、格闘技界全体に噛み付ける選手はいないですよ。もっと楽な生き方もあるはずなのに、あえて噛み付く、問題を提起していくっていう生き方は只者じゃないなと思います。青木選手と話すと、彼の奥にある温かさを感じるんですよ。格闘技界に対しても世間に対しても厳しいことを言いますけど、それはもっと良くなってくれ、もっと変化を起こしてくれという、彼なりの愛情からの発言なんだなと僕は感じています。だからこそ、青木選手のメッセージはだんだんと世間にも届いてきているんじゃないかなと感じますね」と、異端の格闘家の動向に期待を寄せた。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

大山峻護(おおやま・しゅんご)

5歳で柔道を始め、全日本学生体重別選手権準優勝、世界学生選手権出場、全日本実業団個人選手権優勝という実績を持つ。2001年、プロの総合格闘家としてデビュー。同年、PRIDEに、2004年にはK-1・HIERO‘Sにも参戦。2012年ロードFC初代ミドル級王座獲得。現在は、企業や学校を訪問し、トレーニング指導や講演活動を行なっている。著書に「科学的に証明された心が強くなる ストレッチ」(アスコム)。10月中旬にビジネスマンのメンタルタフネスを高めていくための本「ビジネスエリートがやっているファイトネス~体と心を一気に整える方法~」(あさ出版)を出版予定。

大山峻護さんInstagram
https://www.instagram.com/shungooyama/
オンライン家庭教師 with アスリート
http://virus-busters.spo-sta.com/
「科学的に証明された 心が強くなる ストレッチ」
ファイトネス
http://shungooyama.spo-sta.com/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧