阪神・俊介が現役引退を表明 ファンの脳裏に焼き付いているのは「あの場面」

タグ: , , 2021/9/16

 阪神の俊介外野手が16日、引退会見を開きプロ12年目の今季を以て現役引退することを表明した。本名は藤川俊介。チームメートに同性の藤川球児がいたため、2年目から登録名を「俊介」に変更した。藤川球児のメジャー挑戦後も、現延期引退後も、ファンに愛された登録名を使い続けた。

・今すぐ読みたい→
巨人・梶谷 年俸2億円男に「スペランカー体質」を心配する声 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takayukikajitani-spelunker/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 会見には2軍の練習に参加後、ユニホーム姿で登場した。サプライズ演出として同僚の原口文仁、新井亮太打撃コーチが登場。俊介の目からは涙がこぼれた。

 「12年間あっという間でした。精いっぱいやり、悔いはありません。本当にありがとうございました」と思いを口にした。家族をはじめ、恩師や、グラウンド整備に心血を注いでくれた阪神園芸、球団関係者ら周囲への感謝の思いを強調した。

 8月に34歳を迎え、今季は1軍での出場が一度もなかった。近大卒の俊足外野手として、1年目の2010年から開幕1軍を勝ち取った。開幕戦の守備でプロ1軍デビュー。この年は124試合に出場し、結果的にこれが自己最多出場試合数となった。2013年は119試合に出場し、56安打、打率・292、8盗塁だった。





 2017年には74試合の出場で、いずれも自己最高の59安打、打率・309、4本塁打、15二塁打、23打点。内容的にはこの年がキャリアハイと言えるかもしれない。終盤は左腕相手に1番・中堅でスタメン起用されることが多かった。近年は若手の台頭に押され、2019年は6試合、2020年は9試合の出場に留まっていた。

 代走や守備固めの起用が多かったが、勝負どころでみせてきた打撃もファンに広く愛された。ただ、ファンの脳裏に一番焼き付いているのは、あの走塁死の場面かもしれない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧