巨人・中田 超速一軍復帰も 復活は「阿部との絆」

タグ: , , , 2021/9/16

 二軍落ちした巨人・中田翔内野手(32)が急激に復調気配を見せている。打撃不振から11日に二軍に降格となったが、降格後はまるで別人のように大爆発。15日のイースタン・楽天戦(ジャイアンツ球場)では、7回に決勝の逆転3ランを放ち、4打数2安打4打点の荒稼ぎ。ここまでファームでは出場4試合で打率5割7分1厘(14打数8安打)、2本塁打、10打点とまさにレベルの違いを見せつけている。

・今すぐ読みたい→
中田の後継者は? ミスターファイターズが語る「背番号6」の条件とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-shonakata-4/



 
 さらに二軍では今までに見られなかった「ある変化」も注目されている。一軍では結果が出ていないこともあり、ベンチで暗い顔を見せ、ふさぎこむシーンもたびたび見られたが、二軍では笑顔も飛び出すなどイキイキと野球に取り組んでいる姿が印象的だ。そこには「阿部塾」ともいわれる阿部慎之助二軍監督の心身両面でのサポートが大きいという。

 下半身の使い方などを含め、連日のマンツーマン指導などを行うなど、中田をサポート。一軍も貧打線に苦しむとあって、何とか早期一軍合流を促そうとしている。またこの二人には知られざる「絆」もあった。

 「2013年のWBC日本代表チームで一緒になっています。当時、阿部は代表チームの主戦捕手として、投手陣のリード面やまたチーム全体のまとめ役として色々なことを考えなければならず、頭を悩ませることも多かったとか。そんな時に中田が『阿部さん、大丈夫ですか?』と声をかけたことで『お前、いいヤツだな!』と交流が始まったと聞きます」(球界関係者)





 時は流れて、二軍監督と選手として、また汗を流すことになった2人。同僚への暴力行為を起こし、巨人への無償トレードとなったことで今だ厳しい目を向けられている中田に対しても、今回の二軍落ちはいい方向に働くと指摘する声もある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧