バスケ日本代表・井上宗一郎、プレッシャーとの向き合い方は「練習でいっぱい失敗する」

タグ: , , , , 2022/11/11

(C)CoCoKARAnext

 「FIBA ワールドカップ 2023 アジア予選(Window5)」が11月11日に初戦を迎える。

 トム・ホーバスHC体制の日本代表で存在感を示している選手の一人が、サンロッカーズ渋谷の井上宗一郎選手だ。

 23歳の井上は「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選(Window3)」で日本代表に初選出されると、7月の「FIBAアジアカップ2022」では、3ポイントシュート成功率50パーセントという驚異的な数字を残した。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「切り替えの大事さ」。東海大伝統の「24時間ルール」って何だ?






 日本代表で大躍進を遂げたものの、今シーズン所属チームでの出場時間は1試合平均6分5秒(B1第5節終了時点)。

 B1第2節を終えた時点で合計2分のプレータイムに、「手応えはない」「自分のチームでの立ち位置が掴めていない」と話すも、日本代表での経験を、「シュートの面、3ポイントではチームを助けられる」「練習でチャンスがあると思うので、そういうところから自分の良さをもっと出していきたい」と決意を語っていた。

 翌第3節では、今シーズン初めて3ポイントシュートを決めるなど、徐々にプレータイムと経験、自信を積んできている。

 そんな井上選手が日本代表を経験して得たもの、日の丸を背負うプレッシャーとの向き合い方、そして得意とする3ポイントシュートの秘訣を、世界で活躍するJrアスリート育成を応援する「To be Stronger Powered by SENOBIR」のインタビューで語った。(以下、一部抜粋)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧