人類最強の男とも呼ばれるエメリヤーエンコ・ヒョードルを紐解く

タグ: , , , 2019/7/24

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

 総合格闘技イベント「PRIDE」で一躍有名となり、人類最強の男とも称されるのがエメリヤーエンコ・ヒョードルである。母国ロシアの柔道界で活躍した後、日本の総合格闘技のリングに上がり、今では世界的に有名な総合格闘家として知られている。一体エメリヤーエンコ・ヒョードルとは、どのような選手であるのか?

日本マットでの活躍


エメリヤーエンコ・ヒョードルは、11歳の時にサンボと柔道を始めた。兵役を終えた後に柔道とサンボの大会で活躍し、特に柔道ではヨーロッパでもトップクラスの実力を持っていた。

しかしロシア政府からの援助がなくなり、ヒョードルはプロのリングに上がることにした。彼を最初に見出したのは、リングスをプロデュースしていた前田日明とも言える。リングスのオーディションに参加し、高評価を得て大会に参戦するようになった。

初代リングス世界ヘビー級王者あるいは無差別級トーナメントで王座を獲得し、リングスのエースとも言える選手となった。リングスが活動停止となると、2002年の夏からPRIDEに参戦するようになった。

PRIDEでも実力を余すところなく発揮し、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラや藤田和之あるいはマーク・コールマンやミルコ・クロコップ等の強豪を次々と破った。PRIDEヘビー級チャンピオンないしはPRIDE GRANDPRIX等を制し、人類最強の男とも言われるようになった。

2007年にPRIDEが消滅すると、M-1 GlobalやStrikeforce等の総合格闘技大会に参戦した。2012年夏に引退を表明したが、2015年夏に現役に復帰した。Bellator等の大会に参加し、現在でも現役を続けている。

・合わせて読みたい→
【動画】史上初の偉業を成し遂げたマディソンスクエアガーデンから歩きながらコーチ陣と反省会をする堀口恭司(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-18/2/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧