自由契約を告げられるのは意外なタイミング!?攝津氏が語る、厳しいプロ野球の世界

タグ: , , , 2022/1/20

 毎年ドラフト会議で華々しくニュースターが誕生する一方で、契約を切られてしまう選手もいるのが現実だ。プロ野球の世界は厳しい実力社会。どんなに素晴らしい選手でも、弱肉強食の世界では来シーズンの保証はない。明日は我が身なのだ。

そんなプロ野球界の自由契約について、現役時代ソフトバンクで沢村賞をはじめ、5年連続開幕投手を務めるなど輝かしい戦績を残してきた攝津正氏が、自身のYouTubeチャンネル「攝津正 SETTU#50」で語った。

【動画】攝津氏が語る、突然自由契約になったらチームの扱いとかはどうなるの?合同トライアウトは?
・今すぐ読みたい→
「もしかしたらあの大物選手もあるかも!?」又吉選手の人的補償リストを元ソフトバンク・攝津正氏が大胆予測! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-hiromotookubo-05/



攝津氏自身、2018年に自由契約となり現役を引退する事になった経験を持つ。

そんな自身の経験を振り返り、語った。

同氏は自由契約を言い渡されたタイミングについて、

「6月末くらいには分かってましたけどね。『大減俸か、契約は結びません』みたいに遠回しに言われるんですよね。こっちとしては早く言われた方が、次の準備ができるので早く教えてもらえました」

と語った。こうした早めの通告は、同氏のそれまでの活躍から得られた、チーム内での確立された立場なども影響、多くの選手は発表の直前に通達されるという。





そして同氏は、新たに自由契約となった現役のソフトバンクの選手たちにも目を向けた。

そこで名前が挙がったのは、吉住晴斗、川原弘之、渡邉雄大の3選手。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧