元SB攝津氏がチームの現状とドラフト戦力補強を分析 今年獲得すべき戦力とは

タグ: , , , 2021/10/11

 いよいよ11日、2021年プロ野球ドラフト会議が開催される。

 今年は、小園健太投手(市和歌山高)や風間球打投手(ノースアジア大明桜)、さらには森木大智投手ら「高校生BIG3」をはじめとした、投手の有望株が多く候補に上がっている。

 今シーズンも残り試合がわずかとなり、各チーム来季へ見据えた動きも見えてきた。そんな中、現役時代沢村賞を受賞するなど、投手陣を支えてきた元福岡ソフトバンクホークス の攝津正氏が自身のYouTubeチャンネルで、今年ホークスがドラフトで獲得すべき戦力について語った。

【動画】攝津正氏が語るソフトバンクのドラフト戦略について 獲得すべきは即戦力左腕?それとも高校生?



 
 ドラフト会議を前に、攝津氏は現状のチームの課題についてこのように話す。

 「内野陣がなかなか固定できていないというか、レギュラークラスの選手がいない。加えて高齢化もありますよね。外野は栗原選手が出てきたり、牧原選手が守ったりしているので、なんとかなる感じはあります。サードは松田選手もまだまだ出来るとはいえ、もう38歳ですし、ショートは今宮選手がいますが怪我の影響でシーズン通しての出場がなかなかできない状況。セカンドは固定できていないですし、ファーストは中村選手がいますが32歳ですからね。ファーストは外国人選手の補強で補えることを考えたら、セカンド、サード、ショートですかね」

 既にホークスは風間投手の1位指名を公表。一方で、攝津氏自身は現状の戦力を踏まえ、ドラフトでの投手陣の補強についてこのように見解を述べる。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧