SB期待の秘密兵器はあの選手!支配下登録された田上奏大選手の可能性を攝津正氏が語る

タグ: , , , , 2022/4/12

 ソフトバンクは7日に支配下登録されたばかりの田上奏大投手(19)を12日のロッテ戦でプロ初先発させる。

【動画】攝津正氏が語るSB田上奏大投手の凄さ!ローテーション入りはほぼ確実!その根拠とは?
・今すぐ読みたい→
新庄ハム 「中4日構想」に疑問の声 脳裏に浮かぶ「あのチームの失敗」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-problem-02/



田上投手は履正社高校3年時に投手に本格挑戦すると、すぐさま2020年のドラフト5位でソフトバンクに入団。その後、プロ1年目となる昨季はストレートが154キロをマーク、昨年オフに育成契約を結ぶも、2年目の今季はウエスタン・リーグ開幕投手を務めるなど、潜在能力の高さで注目を集めていた。

叔父は元ソフトバンクでキャッチャーとして活躍した田上秀則氏。田上は今回の支配下登録にあたり背番号は叔父のつけていた「70」に決まった。

現役時代、叔父である田上秀則氏とバッテリーを組んだ経験がある攝津氏は秀則氏が元々は外野を本職としていた田上投手に対して、「絶対にピッチャーをやった方がいい」

とアドバイスを行い,実際に投げると150キロを超える剛速球を見せ、ピッチャーに抜てきされる流れだったと話している。





攝津氏は田上投手に関して外野手から投手に転向し、わずか数か月でドラフトで指名される異色の存在であると驚きを示す場面も。

以前から田上選手の存在に注目していたという攝津氏。注目の投手を聞かれた際、育成選手だったため田上選手の名前を出しにくかったがプライベートでは、投げっぷりの良いストレートを高く評価しており、田上選手を推していたそうだ。
配信の中で、「今回の試合で実際投げてみて課題が出てくるので、まだまだ伸びしろがあるため、かなりのピッチャーになるのではないかと期待している」と話していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧