巨人・原監督 逆転Vに向け、丸に非情ムチ!「丸が守備固めに入っているようでは」

タグ: , , 2021/9/14

 常勝軍団の将はタフだった。巨人・原辰徳監督(63)は移動日となった13日、残り32試合と終盤にさしかかり、阪神、ヤクルトとの3つどもえの優勝争いが続くことに「面白くなってきたじゃん」とニヤリ。9月に入ってからは6連敗を含む、ここまで2勝と急失速。それでも百戦錬磨の戦いをくぐりぬけてきたとあって、まだまだ続くし烈な優勝争い、一歩も引くつもりはない。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 奮起を促したのは打線だった。チームは12日の広島戦(マツダ)で捕手・小林の今季1号が飛び出し、何とか連敗は6でストップしたものの、貧打線は変わらず。

「勝ったとはいえ、(広島戦は)2点しか取ってないから。しかも、主力がガーン、ガーンってのじゃないんだから。結果はね、勝てたけどやっぱり内情はね、もうちょっと中心選手がやらないと」とキッパリ。

 「サカ・マル・オカ」で知られる、坂本、丸、岡本の主軸3人に豪快な一発を含め、打棒復活を期待する。





 中でも状態が深刻なのは丸だ。引き分けに持ち込んだ9日のDeNA戦(横浜)では、9回に26打席ぶりの安打をマーク、これが同点となる適時打となり、目にうっすらと涙を浮かべる場面もあった。原監督も「3打席に1回ぐらい、こういう打撃をしてくれれば」と翌10日の中日戦(東京ドーム)で「6番・中堅」としてスタメンに戻すも、4打数無安打に終わり、その後は途中出場が続いている。とうとう12日の広島戦では代打としても機会を与えられず、終盤の守備固めとして起用された。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧