矢野阪神 泥沼7連敗!「懲罰交代」に「ちぐはぐ采配」でいよいよささやかかれる「あの事態」とは

タグ: , , 2022/4/2

 阪神は1日の巨人戦(東京ドーム)に5―6と敗れ、開幕から泥沼の7連敗となった。先発・藤浪が巨人打線の一発攻勢に遭い、3本塁打を含む4回7安打6失点KO。打線は9回、大山の2ランも飛び出し1点差に迫るもあと一歩及ばなかった。

・今すぐ読みたい→
気づいたら最強世代に 2019年ドラフトの高卒世代が神すぎる件 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/2019-draft-history/


 自主トレを共に行った菅野との投げ合いということで注目を集めたが、藤浪の「完敗」だった。初回一死から坂本、ポランコに失投を捉えられ、二者連続被弾。2回にも大城にソロを浴び、1試合3被弾は自身初の屈辱となった。

 さらに3回は遊撃・中野の失策から二死満塁のピンチを招き、丸に2点適時打を献上。4回も坂本に犠飛を許すなど、強力巨人打線に全く歯が立たなかった。

 なかなか勝てない現状を受け、チームもほころびが目立ち始めた。先発出場した中野を4回の守備から交代させた。中野はこの日、3回先頭の吉川の打球をファンブル、この回の失点につながった。打席でも第1打席で空振り三振、4回無死一塁の打席でも見逃し三振と覇気がなく、矢野監督は中野の交代に関して「気持ちを感じなかったから」と懲罰交代であることを認めた。





 一方、チームの采配にもちぐはぐさが目立った。序盤から失投が目立ち、大量失点となった藤浪は4回6失点でマウンドを降りるも「初回に打たれた後も制球が定まらなかった。もっと早くにリリーフを投入しても良かった。何としても勝ちにいくという姿勢にとぼしかった」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧