貧打阪神の”救世主”になるか 起爆剤として期待される2軍の巧打者たち

タグ: , , , , , , 2024/6/7

佐藤輝はもちろん、同時に昇格した豊田にも期待がかかる(C)産経新聞社

 6月6日の楽天戦に1-4で敗戦した阪神。交流戦は1勝7敗と大きく負け越しており、ついに貯金も底をついて勝率は5割になった。阪神がとにかく勝てない要因として得点力不足が挙げられる。最近5試合の平均得点は1.4点。2点取られれば敗戦濃厚という数字だ。

【動画】阪神、Vの使者! 18年ぶり優勝を決定づけた佐藤輝明の歴史的特大ホームランをチェック





 岡田彰布監督も昨シーズンは不動の4番として起用した大山悠輔を外したり、近本光司を4番で使ったりなど手は尽くしているが、いずれの策もハマっているとは言い難い。そのため、守備で精彩を欠くシーンが目立ち、5月中旬に登録抹消された佐藤輝明を7日に昇格させることを決めた。

 佐藤は2軍で打率.318、2本塁打と状態は良く、打線の起爆剤として期待されるが、2軍には状態の良い選手は佐藤以外にも多い。まず佐藤と一緒に1軍昇格が告げられた3年目の豊田寛だ。

 豊田は打率.331、出塁率.397と好成績を残しており、直近の3試合でも連続でマルチ安打を放つなど状態は上向いている。昨シーズンは1軍でプレーする機会がなかっただけに、その鬱憤を晴らす大暴れに期待したい。

 次に野口恭佑。育成選手として入団したが2軍で結果を残して昨シーズンのオフに支配下登録を勝ち取った野口は、春季キャンプに初1軍スタートで臨んだ。岡田監督からの期待も高かったが、オープン戦で思うような活躍ができずに2軍降格を言い渡された。それでも、2軍では一時は打率を3割台に乗せており、今も多少下がってしまったが打率.294と2割後半をキープしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧